Acerは頑丈なラップトップとタブレットのエンデューロシリーズを発売

(エイサーによる写真)

エンデューロの新しいデバイスラインで、エイサーは別のカテゴリでデルやパナソニックのようなものと競争することを目指しています:頑丈なラップトップと タブレット



2台のエンデューロラップトップと3台のエンデューロタブレットが計画されており、Acerは最初の応答者、および敵対的な状況で信頼できる技術を必要とする現場および製造労働者を対象としているため、各デバイスの米軍規格(MIL)および侵入保護(IP)定格を期待してください。

Enduro N3(画像:Acer)Enduro N3(画像:Acer)

Acer EnduroN3およびEnduroN7ラップトップ

ラップトップから始めて、エイサーはエンデューロN3とエンデューロN7を紹介しています。 14インチN3は、この2つのうち携帯性が高く、耐水性を備えた特別に設計されており、MIL-STD810GおよびIP53認定を取得しています。内部には、第10世代Core i3、i5、およびi7プロセッサーオプション、最大16GBのRAM(ユーザーは32GBにアップグレード可能)、IntelUHDグラフィックスまたはGeForceMX230、およびSSDとハードドライブのストレージオプションの選択肢があります。バッテリー寿命は最大15時間と評価されており、1080pディスプレイは強化されたコーナーとGorillaGlassによって保護されています。





Enduro N7(画像:Acer)Enduro N7(画像:Acer)

14インチのN7はさらに耐久性が高く、硬い床への落下に耐えるように設計されていると同時に、ほこりや水にも強いです。 MIL-810GおよびIP65認定を取得していますが、N3と比較するとパフォーマンスの点でより制限されています。内部には、第8世代Core i5プロセッサー、8 GBのRAM、Intel UHD 620グラフィックス、および128 GB SATASSDがあります。バッテリー寿命は最大10.5時間と評価されています。 Acerには、起動時に侵入をチェックするハードウェアレベルのトラステッドプラットフォームモジュール(TPM)2.0が含まれており、ラップトップはセキュリティを強化するために指紋センサーも使用しています。

どちらのラップトップもWindows10 Proを実行しており、N3ではホームがオプションになっています。ソフトウェアの保護/管理は、AcerのEnduro Management Suite(AEMS)を通じて提供されます。これは、大量のデバイスの管理を合理化し、既存のデバイスをより安全に保ち、新しいデバイスを展開するプロセスをスピードアップするように設計されたシステムです。 'これには、プログラム可能な物理キー、リモートI / O制御、デバイスモニタリング、およびリモート展開が含まれます。



Enduro T5(画像:Acer)Enduro T5(画像:Acer)

Acer EnduroT5およびT1タブレット

EnduroT5とEnduroT1の2つの頑丈なタブレットが計画されていますが、T1には2つのバージョンが予想されます。 10インチT5は、10時間のバッテリー寿命と交換可能なバッテリーパックを備えたWindows10タブレットです。第7世代Corem3プロセッサ、4GBのLPDDR3 RAM、Intel Graphics 615、および128GBSSDを搭載しています。 MIL-STD 810GおよびIP65認定を受けており、Acerは、ドッキングステーション、ハンドグリップ、ショルダーストラップ、車の充電器/ホルダーなど、さまざまなアクセサリを提供する予定です。

エンデューロT1(画像:エイサー)エンデューロT1(画像:エイサー)

編集者からの推薦

Unihertz Atom XL Android10スマートフォン UnihertzがAtomXLRuggedスマートフォンを発表 ARMチップで構築された最初のMacは年ごとに到着しますARMチップで構築された最初のMacは年末までに到着します エンデューロT1(画像:エイサー)頑丈なSamsungGalaxy XCover Proは、過酷な条件に対応できるように設計されています

T1は、10.1インチのWindows10タブレットまたは8インチのAndroid9.0タブレットとして利用できます。 Windowsバージョンは、クアッドコアCeleron N3450プロセッサ、4GBのLPDDR4 RAM、Intel Graphics 500、および64GBeMMCドライブで動作します。バッテリー寿命は10時間と評価されています。 Androidバージョンは、MediaTek MT8385クアッドコアARMプロセッサ、4GBのLPDDR4 RAM、および64GBのeMMCドライブで動作します。バッテリー寿命は9時間と評価されています。どちらのタブレットもMIL-STD810GおよびIP54認証を取得しています。

エンデューロT1(画像:エイサー)

「ますます近代化する労働力により、ますます多くのモバイルデバイスが、より厳しい取り扱いの対象となる分野に配備されています」と、AcerのRuggedComputingのゼネラルマネージャーであるAndrewChuangは述べています。 「頑丈なノートブックとタブレットの新しいラインであるエンデューロは、お客様に仕事を遂行するための耐久性とパフォーマンスを提供するために作成されました。」

今のところ、AcerはEnduro N3ラップトップが8月に北米で発売され、価格が899ドルから始まることを確認しただけです。他のエンデューロデバイスの価格と入手可能性についての確認をお待ちしています。

推奨されます