アカマイがDDoSセキュリティ会社Prolexicを3億7000万ドルで買収

月曜日のアカマイテクノロジーズ 発表 サイバーセキュリティ製品を強化するために、ProlexicTechnologiesを約3億7000万ドルの現金で購入することに合意しました。



フロリダ州ハリウッドを拠点とするProlexicは、データセンターとエンタープライズIPアプリケーションを分散型サービス拒否(DDoS)攻撃から保護するためのクラウドベースのセキュリティソリューションを提供します。この攻撃は、侵害された多数のPCを利用して、Webサイトをトラフィックで溢れさせ、オフラインにします。アカマイは、この買収により、インターネットを介して配信されるアプリケーション、ネットワーク、およびデータセンターの攻撃から防御するためのエンタープライズセキュリティソリューションの完全なポートフォリオを提供できるようになると述べました。

AkamaiのCEOであるTomLeighton氏は、今日のWeb上のすべての企業は、運用の中断、ブランドの改ざん、機密データの盗用を目的とした攻撃など、進化し続ける脅威の状況に直面していると述べました。





「Prolexicと協力することで、アカマイの主要なセキュリティおよびパフォーマンスプラットフォームと、データセンターおよびエンタープライズアプリケーション保護のためのProlexicの高く評価されているDDoS緩和ソリューションを組み合わせる予定です」とLeighton氏は述べています。 「Prolexicのソリューションとチームは、インターネットを高速で信頼性が高く、安全にするという私たちの目標を達成するのに役立つと信じています。」

Akamaiは、最大かつ最も高度なDDoS攻撃やアプリケーション層攻撃からもWebサイトやWebアプリケーションを防御するためのソリューションを提供していると述べました。同社は、DDoS緩和ソリューションとセキュリティ運用の専門知識を組み合わせて、データセンターとエンタープライズIPアプリケーションを保護しています。



「今日、ビジネスはインターネット向けのアプリケーション、データ、インフラストラクチャの可用性、セキュリティ、遅延によって定義されています」と、ProlexicのCEOであるScottHammackは声明で述べています。 「インターネットのパフォーマンスとセキュリティを1つのプロバイダーに依存できることで、ネットワークの可用性の問題の解決が大幅に簡素化され、クライアントに明確な説明責任がもたらされます。私たちは、一緒になって、前例のないレベルのネットワークの可視性と保護を提供できると信じています。

取引は、規制当局の承認を含む通常の完了条件の対象となります。取引は2014年上半期に完了する予定です。

今年初めのProlexicは、2013年の第1四半期がDDoS攻撃の「画期的な四半期」であったと報告しました。

推奨されます