Apple AirPodsMaxレビュー

img / headers / 25 / apple-airpods-max-review.jpg もっと詳しく知る 。

長所

  • 豊かな低音とくっきりとした詳細な高音を備えた優れたオーディオパフォーマンス
  • 特に低周波ランブル用の高品質アクティブノイズキャンセル
  • 見事な、ユニークなデザイン
  • アダプティブEQと空間オーディオ
  • ハンズフリーのSiriアクセス

短所

  • 高価な
  • サウンドシグネチャとアダプティブEQ /空間オーディオは純粋主義者向けではありません
  • ユーザーが調整できるEQはありません
  • ボタンの配置により、フィット感を調整するときに失火しやすくなります
  • スマートケースはヘッドフォンを保護するためにほとんど何もしません

Apple AirPodsMaxの仕様

タイプ サーキュマラル(オーバーイヤー)
無線 はい
真のワイヤレス 番号
接続タイプ ブルートゥース
耐水性/耐汗性 番号
アクティブノイズキャンセル はい
.hide-three ')。classList.remove(' hide-three '); document.querySelector('#specs ')。parentElement.classList.remove(' pb-1 ')'>すべての仕様

AirPods Maxは、適切な名前が付けられていなければ何もありません。 549ドルで、これらは最近のメモリでテストした中で最も高価なノイズキャンセリングヘッドフォンです。また、ハーマンミラーの椅子を彷彿とさせるデザインと、プロップのように見えるユニークなバッテリー保護スマートケースを備えた、これまでに出会った中で最もゴージャスなヘッドフォンの1つでもあります。 2001年:宇宙の旅 。アダプティブEQ、空間オーディオ、ハンズフリーSiriアクセスなど、機能部門でも最大限に活用されています。とは言うものの、このカテゴリーでの現在のトップピックは399.95ドルです。 Bose Noise Cancelling Headphones 700 と349.99ドル ソニーWH-1000XM4 、大幅にコストを削減します。

幸いなことに、Appleのヘッドフォンは、状況によってはBoseモデルとSonyモデルに最適な高品質のアクティブノイズキャンセル(ANC)を提供します。そして音響的には、AirPods Maxは、明確に定義された中音域と高周波の明瞭さを備えた豊かな低音を備えた、スカルプテッドでありながらバランスの取れたサウンドシグネチャーを備えています。ただし、550ドルで、アダプティブEQと多くのデジタル信号処理が機能するこのサウンドシグネチャは、透過的なリスニング体験を求める純粋主義者向けではありません。 AirPods Maxは紛れもなく美しく、素晴らしいユーザーエクスペリエンスを提供しますが、最も価値のある競合製品よりも150ドルから200ドルの価格上昇を正当化するのは困難です。





私たちの専門家がテストしました93今年のヘッドフォンカテゴリの製品1982年以来、Garonは何千もの製品をテストおよび評価して、より良い購入決定を下すのに役立てています。 (テスト方法を参照してください。)

見事なデザイン

非常にクパチーノカラーオプション(ライトグリーン、ピンク、シルバー、スカイブルー、またはスペースグレー)で利用可能な、円形(オーバーイヤー)AirPods Maxには、陽極酸化アルミニウムの装飾されていない外側パネルを備えた大きなイヤーカップがあります。ステンレス製のヘッドバンドは卵殻のような仕上がりで、これまでにないデザインになっています。Appleが言うところの、ヘッドバンドのクッションが通常ある場所で頭に接触するニットメッシュのキャノピーを備えています。特にこの部分は、ハーマンミラーのオフィスチェアのディテールのように見えます。

AirPods Max

イヤパッドはメモリーフォームで、魅力的な布で裏打ちされています。少しかさばるように見えるかもしれませんが、フィット感は非常に快適です。ヘッドホンの重量は13.6オンスですが、ヘッドホンが重く感じることはありません。また、パッドが耳の周りをしっかりと密閉しているにもかかわらず、イヤパッドからの圧力が強すぎると感じることもありません。スマートケースを使用すると、パッケージの総重量は1.1ポンド強になります。



シャープ43ロクテレビレビュー

類似製品

Bose Noise Cancelling Headphones 7004.5優れた

Bose Noise Cancelling Headphones 700

$ 379.00見てくださいアマゾンで Bose Noise Cancelling Headphones700レビューを読む ソニーWH-1000XM4画像4.5優れた

ソニーWH-1000XM4

$ 248.00見てくださいアマゾンで ソニーWH-1000XM4レビューを読む Apple AirPodsProイメージ4.0エクセレント

Apple AirPods Pro

$ 319.99見てくださいアマゾンで Apple AirPodsProレビューを読む Bowers&Wilkins PX74.0エクセレント

Bowers&Wilkins PX7

$ 349.00見てくださいアマゾンで Bowers&WilkinsPX7レビューを読む Bose QuietComfort 35 II4.5優れた

Bose QuietComfort 35 II

$ 199.99見てくださいアマゾンで Bose QuietComfort 35IIレビューを読む マーシャルミッドANCNDA 3-27-184.5優れた

マーシャルミッドANC

279.99ドル見てくださいアマゾンでマーシャルミッドANCレビューを読む AirPods Max4.5優れた

ゼンハイザーHD450BT

99.95ドル見てくださいアマゾンで私たちのゼンハイザーHD450BTレビューを読む

内部的には、AirPods Maxは40mmのダイナミックドライバーとネオジムリングマグネットモーターを採用しており、Appleはヘッドフォンが1%未満の全高調波歪みを維持できると主張しています。ドライバーは、スタイリッシュなランニングシューズに見られるキルティング生地を彷彿とさせるクロスグリルで覆われ、LまたはRが上品なデザインタッチで生地に縫い付けられています。各イヤーカップにはH1チップも搭載されており、iOSのシームレスなペアリングと統合、および加速度計とジャイロスコープが可能になります。ヘッドフォンはBluetooth5.0と互換性があり、AACおよびSBCBluetoothコーデックをサポートします。

AirPods Max

右のイヤーカップの丸みを帯びたサイドパネルに沿って、付属のLightning-to-USB-C充電ケーブル用のLightning接続があります。ただし、電源アダプターは含まれていません。そのため、電源アダプターを購入するか、USB-Cポート経由で充電する必要があります。このパネルにはLEDステータスインジケーターもあり、両方のイヤーパネルには付属の9本のマイク用にさまざまな小さなスリットがあります。 (はい、それはたくさんのマイクです。後で詳しく説明します。)

右上のイヤーカップの上部には、ノイズキャンセルモードと透明モードを切り替えるためのボタンがあります。このボタンを押したままにすると、Bluetoothの手動ペアリングも処理されます。デフォルトでは、ヘッドホンはANCオンと透明モードを切り替えますが、これらのモードにオフを追加することを選択できます。このボタンの横には、Appleがデジタルクラウンと呼ぶコントロールがあります。これは、AppleWatchのサイドダイヤルから着想を得たデザイン要素です。 1回押すと再生、2回押すと前方に追跡、3回押すと後方に追跡、押し続けるとSiriアクセスを制御します(Siriには音声でアクセスすることもできます)。ダイヤル自体は音量を操作し、滑らかに動きますが、イヤーカップからあまり突き出ていないため、慣れるのに少し時間がかかります。

Chromecastとultraの違い

これらのボタンの配置はコントロールを操作するのに適していますが、ヘッドホンが張力を使用して調整する方法のため、フィット感をわずかに緩めるためにイヤカップを上から引き下げるのが自然な傾向です。私の眼鏡のための部屋。これを行うとき、誤って両方のコントロールボタンを押すと、任意の数の機能がトリガーされる可能性があります。

AirPods Max

スマートケース

Appleは、ANCとオーディオ再生の組み合わせを想定すると、AirPodsMaxのバッテリー寿命は約20時間と見積もっています。最終的に、結果はANCの使用状況と音量レベルによって異なります。付属のスマートケースにヘッドホンを収納すると、超低バッテリー消費/スリープモードになります。

スマートケースと言えば、見た目は確かにかっこいいですが、ヘッドホンを保護する効果がほとんどないのは奇妙なことです。イヤーカップのサイドパネルがたくさんあり、すべてのヘッドバンド(および場合によっては破れやすいキャノピー)が露出しています。ほぼすべての競合他社は、それほどクールに見えないかもしれないが、より徹底的な方法でヘッドフォンを保護する仕事をしている、より伝統的なケースを提供しています。ケースのゴム引きされた表面はダストマグネットでもあります。滑らかな革や上品な生地など、Swifferのように機能しない素材をここで見ると(特にこの価格で)良かったでしょう。

AirPods Max

AirPodsMaxのペアリング

以下のような AirPodsAirPods Pro 、AirPods Maxは、電源を入れて近くに置くと、iPhoneまたはiPadの画面に自動的に表示され、ペアリングの準備ができています。これにより、通常のBluetoothペアリングプロセスの1つのステップ(手動でペアリングするためにBluetoothメニューに移動する)が不要になったとしても、それは常に物事を始めるためのクールな方法です。上記の物理ボタンを使用して、Apple以外のデバイスと手動でペアリングすることもできます。

ペアリング時にBluetoothメニューのAirPodsMaxをタップしてアクセスする設定メニューには、いくつかの便利な機能があります。ここでヘッドフォンに名前を付け、ANCボタンの切り替え方法(ANC、透明度、オフ。2つまたは3つすべてを選択できます)を調整し、デジタルクラウンのスクロール方法(後ろから前または前から後ろ)を調整できます。また、自動ヘッド検出(ヘッドに配置されたときに、接続されているデバイスからヘッドホンにオーディオを自動的に転送します)を無効/有効にしたり、空間オーディオのオンとオフを切り替えたり、[切断]および[このデバイスを忘れる]オプションにアクセスすることもできます。メニューには、シリアル番号とモデル/バージョン番号もあります。

AirPods Max

AirPodsの最大ノイズキャンセルパフォーマンス

それらが稼働すると、AirPodsMaxは優れたノイズキャンセルを提供します。飛行機で聞くのと同じように、大音量での激しい低周波のランブルに関しては、AirPodsは実際にはBose Noise Cancelling Headphones700やSonyWH-1000XM4よりもわずかに効果的です。テストでは、AirPodsがランブルを完全に排除しているように見えることがありました。これは、これまで経験したことのない印象的な偉業です。また、BoseやSonyのモデルと同じように機能する場合もあります。これは、ヘッドホンを頭に正しく配置するかどうかに大きく依存します。ヘッドバンドの張りをわずかに調整すると、耳の周りのシールがわずかに異なるか、より緊密になり、ANCを著しく改善することができました。

とは言うものの、BoseモデルとSonyモデルはどちらも、レストランの大きなおしゃべりなど、より高い周波数でより適切に除去されます(社会的距離の制限のために録音によってシミュレートされます)。 AirPods Maxはこの面でわずかに苦労し、中域をしっかりと取り除いていますが、ほとんど高域を増幅しているように見えます。はい、それはクレイジーに聞こえますが、ヘッドフォンが透明モードにあるかのように、より高い周波数が明るくクリアに聞こえるように聞こえることがありました(そうではありませんでした)。

ニアフィールドスタジオモニターを介して低音の重いミックスをブラストすると、ヘッドフォンに別のストレステストが行​​われます。ANCヘッドフォンではこれらの音を除去することはできませんが、周波数範囲のどの部分が減衰するかがわかります。ワンオートリックスポイントでは、ナイトメアを追跡しないでください。3つのモデルはすべて、低音の周波数と低音をダイヤルダウンするという立派な仕事をします。しかし、繰り返しになりますが、AirPodsMaxは高値と少し苦労しています。

多くのメーカーがこれを誤解していますが、ANCがオンまたはオフの場合、ヘッドフォンはサウンドシグネチャに影響を与えないようです。また、ANCが有効になっている場合、聞こえるヒスノイズはほとんど追加されません。多くの場合、ANCは、除去に苦労しているより高い周波数をマスクするのに役立つ、かすかなホワイトノイズのような信号を作成します。ここには非常にかすかなヒスがありますが、これはよくあることで、おそらく気付かないほど静かです。

2016 gmc sierra1500レビュー

透明モードでは、スラップバックの遅延のように見えることなく、周囲の音をはっきりと聞くことができます。一部のアンビエントリスニングモードは、実際の音量と比較して周囲の音量を上げるためにレベルを上げますが、AirPodsMaxは周囲の音量と完全に一致しているようです。このモードが有効になっているときにイヤーカップに指をかけると、他のどの音よりも大きく聞こえる、奇妙な、時には驚くべきスウィッシュサウンドが聞こえます。マイクが非常に多いため、意図せずに指先をドラッグするのは簡単です。一。

AirPodsが他の2つのペアよりも鼓膜に顕著な圧力をかけているように見えることは注目に値します。また、BoseやSonyモデルとは異なり、ここでANCレベルを調整することはできません。オンまたはオフのどちらかです。

AirPods Max

AirPods Maxはどのように聞こえますか?

AirPods Maxは、AppleがComputationalAudioと呼んでいるものを使用しています。他の業界と同様に、これをデジタル信号処理(DSP)と呼びます。重要ではありません。計算オーディオとDSPはどちらも、信号がデジタルで調整され、さまざまな目標を達成することを意味します。つまり、低音レベルと全体的なダイナミクスを制御して低音量レベルで低音応答を一定に保つことにより、高音量レベルでの歪みを回避します。 DSPは通常、使用されている音量レベルに応じて、さまざまな程度の動的圧縮とEQが信号に適用されます。もちろん、音楽で何が起こっているかによって、サブベースが深い電子トラックは同じものを受信しない可能性があります。同じ音量レベルでのピアノ協奏曲としての扱い。翻訳:オーディオの純粋主義者はComputational Audioに悩まされますが、Bluetoothヘッドフォンのミックスには常にDSPが含まれており、ほとんどのヘッドフォンメーカーはかなりの量を適用しています。

ヘッドフォンのテスト方法をご覧ください

AirPods Maxは、AppleがAdaptive EQと呼んでいるものも使用します。これは、ヘッドホンが個人的にどのようにフィットするかに応じてサウンドシグネチャを調整し、眼鏡やイヤリングなどの障害物を考慮して、安全性を低下させる可能性があります。フィット。これとDSPの間では、これらは明らかに、透明で重要なリスニング体験を求めるオーディオファン向けのヘッドフォンではありませんが、ANC /ワイヤレスヘッドフォンは、ブーストやスカルプティングが常に多いため、オーディオファンを対象とすることはめったにありません。

ここで欠けているのは、ユーザーが調整可能なEQです。 Appleはあなたのためにサウンドを調整したいと思っており、あなた自身の好みに合わせてサウンドを微調整する機会を与えたくはありません。この価格で、Appleはあなたにもっと多くのコントロールを与えるべきです。 EQを調整できないことは、アダプティブEQを無効にできないことです。比較的純粋な形でミックスを聞く方法がないため、アダプティブEQがどのように変化しているかを知ることはできません。それはイライラします、しかしそれは言いました:これらのヘッドホンはかなり良い音がします。

bang and olufsen beoplay a9

TheKnifeのSilentShoutのように、サブベースのコンテンツが多いトラックでは、AirPodsMaxが強力な低周波数応答を提供します。最高の、賢明でないリスニングレベルでは、歪みはなく、より控えめなレベルでは、低音は依然として強烈に聞こえますが、それらは常により高い周波数とうまく一致しています。

ビル・キャラハンのDroverは、ミックスの低音がはるかに少ないトラックであり、一般的なサウンドの特徴をよりよく理解できます。このトラックのドラムは完全に丸く、ほとんど雷鳴のように聞こえますが、過度にブーストされた不自然な領域に向かうことは避けています。キャラハンのバリトンボーカルは、心地よい低中音域の豊かさと理想的な高中音域のサクサク感を実現し、ミックスの鮮明さを維持します。高中高域は、アコースティックストラムと高音域のパーカッションを明るさと明瞭さで引き出します。これはスカルプテッドサウンドの特徴ですが、バランスが取れており、美しい低音の深さと理想的な高周波の明瞭さを備えています。

Jay-ZとKanyeWestのNoChurch in the Wildでは、キックドラムループが理想的なハイミッドプレゼンスを受け取り、アタックがパンチの効いた状態を維持できるようにします。一方、このミックスでは通常バックグラウンドステータスに追いやられているビニールのパチパチとヒスが注目すべき前進。高地ではたくさんの彫刻が行われていますが、それは一般的に明快さの名の下にあります。ビートを強調するサブベースシンセヒットは、しっかりとした低周波数の深さで配信されます。頭蓋骨にサブウーファーがあるようには聞こえませんが、そうではありません。低音は忠実に表現されており、ドラムループは通常よりも少し強烈になっているため、低音のブーストが発生していますが、洗練されています。このトラックのボーカルは、理想的な明瞭さで提供されます。歯擦音が追加されている場合は、ほんの少しです。これは、バランスの取れた、豊かで明るいサウンドの特徴です。

ジョン・アダムズのオーケストラトラックのようなオーケストラトラック 他のメアリーによる福音 、理想的な低周波数のプレゼンスを取得します。ここでは、低音域の楽器があまり前に押し出されることはありません。高音域の金管楽器、弦楽器、ボーカルは、過度に彫刻されたり明るく聞こえたりすることなく、鮮明さを保ちます。スポットライトがそれらにあります。このトラックは、おそらくここで言及されている4つの中で最も自然に聞こえ、一般的に言えば、AirPodsMaxを通じてクラシックとジャズのサウンドが優れています。

AirPods Max

Spatial Audio、Mic Performance、およびSiri

AirPods Proと同様に、AirPods Maxは、5.1、7.1、およびドルビーアトモスでエンコードされたビデオコンテンツで動作する没入型リスニングモードである空間オーディオをサポートしています。空間オーディオ自体は、多かれ少なかれ、音源に対する頭の位置を追跡する効果です。頭を右に動かすと、オーディオが携帯電話やタブレットの物理的な場所から来ているかのように、ミックスが少し変化します。間違いなくクールですが、サラウンドミックスでエンコードされた素材でのみ機能します。そして明確にするために、AirPods Maxを着用して映画を見るとき、実際のサラウンドで聞いたり、空間オーディオがサラウンドのような体験を生み出したりすることはありません。それでも、現時点で必須の機能ではないにしても、これは歓迎すべき追加機能です。

前述のように、AirPodsMaxには9つのマイクが組み込まれています。 3つは音声ピックアップに使用され、8つはANCに使用されます。

iphone5ブラックダイヤモンドエディション

3マイクの音声アレイは確かな明瞭度を提供します。 iPhone8でVoiceMemosアプリを使用すると、録音したすべての単語を理解できましたが、Bluetoothの歪みが単語の端を少しぼやけさせていました。このような手ごわいマイクの配列の場合、明瞭さは私たちが聞いた中で最高ではありません。パックの中央に近いです。それでも、発信者は明確な接続であなたを理解するのに問題はないはずです。

ハンズフリーのSiriサポート(無効にすることもできます)もあり、音楽を再生したり(Hey Siri、Apple Musicでレディオヘッドを再生したり)、正確な天気予報を取得するために、Appleの音声アシスタントと明確に通信することに問題はありませんでした。

Apple AirPods Max Image

AirPods Maxはそれだけの価値がありますか?

他に言い方はありません。AirPodsMaxは贅沢なアイテムです。明確にするために、1ペニーの価値がある1,000ドルのヘッドフォンを確認したので、価格自体に問題はありません。 AirPods Maxよりも優れたサウンドのオーディオファン向けのヘッドフォンは500ドルから600ドルありますが、高品質のANC、空間オーディオ、ハンズフリーSiri、見事なデザインなど、同じ範囲の機能を提供するヘッドフォンはありません。一部の人にとっては、それは非常に高い価格を正当化するのに十分でしょう。 550ドルで顎が下がらず、ここでのデザインや機能を、(すべてのベルやホイッスルなしで)価格に見合った最高のオーディオを提供する以上の価値がある場合、AirPodsMaxは失望しません。

他のすべての人にとって、400ドル(しかししばしば販売されている)のBose Noise CancellingHeadphonesと350ドルのSonyWH-1000XM4は、はるかに少ないお金で同等の(そして時にはより良い)ANCとオーディオパフォーマンスを提供します。 400ドル Bowers&Wilkins PX7 ヘッドホンも検討する価値があります。 AppleのAirPodsMaxは確かにこれらの各モデルに匹敵する価値がありますが、150ドルから200ドル以上の価値があるとは言えません。したがって、探しているものによっては、これらのモデルの1つに費やす費用を大幅に減らし、ジムに着用するペアまたはAirPodsProを購入する方がよい場合があります。

Apple AirPods Max

4.0 4.0 見てください$ 479.00アマゾンで希望小売価格$ 549.00

長所

  • 豊かな低音とくっきりとした詳細な高音を備えた優れたオーディオパフォーマンス
  • 特に低周波ランブル用の高品質アクティブノイズキャンセル
  • 見事な、ユニークなデザイン
  • アダプティブEQと空間オーディオ
  • ハンズフリーのSiriアクセス

短所

  • 高価な
  • サウンドシグネチャとアダプティブEQ /空間オーディオは純粋主義者向けではありません
  • ユーザーが調整できるEQはありません
  • ボタンの配置により、フィット感を調整するときに失火しやすくなります
  • スマートケースはヘッドフォンを保護するためにほとんど何もしません

結論

AppleのAirPodsMaxヘッドフォンは、優れたオーディオパフォーマンス、一流のノイズキャンセル、および非常にゴージャスなデザインの便利な機能を少なからず高額で提供します。

推奨されます