Apple Business Essentialsは、デバイス管理をSMBにもたらします

Appleは 発表 最大500人の従業員を抱える企業が、会社のさまざまな製品の管理、保護、および修復に使用できるツールにアクセスできる新しいプログラム。

2022年春にデビューする予定のこのプログラムは、 Apple Business Essentials 。その主な魅力は、「IT担当者が個々のユーザー、グループ、またはデバイスの設定とアプリを構成できるようにする」コレクションの導入であるようです。そうすれば、新入社員(または新しいデバイスを受け取る人)は、自分のアカウントにサインインするだけで、仕事をするために必要なツールにアクセスできます。



アップルは言う 端末管理 プログラムはまた、従業員がFileVaultディスク暗号化や盗難防止アクティベーションロック機能などのセキュリティ対策を「誤って」オフにすることを防ぎます。 Apple Business Essentialsはまた、「ユーザー登録」を利用します。これにより、「仕事のデータの暗号化による分離が作成され、会社のデータが安全でありながら、従業員のデータが非公開になります」。

このプログラムはまた、従業員にファイルを同期およびバックアップするためのプロのiCloudアカウントを提供します。 Appleによれば、企業は従業員のデバイスをAppleCare + for Business Essentialsプランに登録して、「電話サポートへの24時間年中無休のアクセス、IT管理者と従業員の両方のトレーニング、およびプランごとに毎年最大2回のデバイス修理を利用できる」とのことです。

コレクションとAppleCare + for Businessはどちらも、新しいApple BusinessEssentialsアプリに依存しています。 Appleによれば、ソフトウェアは登録済みのデバイスに自動的にインストールされるため、従業員はコレクションを介してアプリをダウンロードしたり、デバイスの修理を開始したりできます。管理者は、専用アプリを使用してユーザー、デバイス、および設定を管理することもできます。

編集者からの推薦

macOSモントレー画像で最もクールな10のこと macOSモントレーで最もクールな10のこと Apple MacBook Pro 16インチ(2021、M1 Max)レビュー画像 Apple MacBook Pro 16インチ(2021、M1 Max)レビュー Apple:チップ不足はiPhone、iPad、Macの出荷イメージの遅れを意味する可能性があるApple:チップ不足はiPhone、iPad、Macの出荷の遅れを意味する可能性がある

Appleによれば、Apple BusinessEssentialsは現在無料のベータ版として利用可能です。立ち上げ後、同社は、ユーザーが所有するデバイスの数、使用しているiCloudストレージの量、およびAppleCare + for Business Essentialsプランを選択したかどうかに基づいて、ユーザーごとにさまざまな金額を請求する予定です。価格はユーザーあたり月額$ 2.99から始まると言われています。

推奨されます