AppleがBeatsElectronicsを買収、BeatsMusicを30億ドルで買収

多くの憶測の末、Appleは本日、BeatsElectronicsを買収したことを確認しました。



クパチーノはBeatsElectronicsとそのBeatsMusicストリーミング音楽サービスに30億ドルを支払う予定であり、これはAppleにとってこれまでで最大の買収となる。購入価格は26億ドルで、それに加えて4億ドルが時間の経過とともに権利が確定します。契約の一環として、Beatsの共同創設者であるJimmyIovineとDr.DreがAppleに加わります。

「音楽は私たちの生活の中で非常に重要な部分であり、アップルの心の中で特別な場所を占めています」とアップルのCEOであるティムクックは次のように述べています。 声明 。 「だからこそ、私たちは音楽に投資し続け、これらの並外れたチームを結集して、世界で最も革新的な音楽製品とサービスを作り続けることができるのです。」





アイオヴィン、クック、ドレ、キュー

「BeatsがAppleに属していることをいつも心の中で知っていました」と、JimmyIovineは言いました。 「私たちが会社を始めたときのアイデアは、文化とテクノロジーを結びつけるアップルの比類のない能力に触発されました。音楽ファン、アーティスト、ソングライター、音楽業界に対するアップルの深いコミットメントは特別なものです。

Appleのインターネットソフトウェアおよびサービス担当シニアバイスプレジデントであるEddyCueは、Beatsとの契約により、iTunes Radioでの無料ストリーミングから、Beatsでの世界クラスのサブスクリプションサービス、そしてもちろんiTunesから音楽を購入するまで、音楽ラインナップがさらに改善されると語った。顧客が何年も愛してきたように保管してください。」



アップルのファンは長い間、クパチーノからのストリーミング音楽サービスを求めてきました。 Appleが2009年にLalaを買収したとき、期待は高まりましたが、これまでのところ、私たちが得たのはiOS7内のiTunesRadioだけで、多くの人がよりSpotify風のソリューションを望んでいました。

GaronによるBeatsMusic for iPhoneのレビューでは、「厳選されたプレイリストがいくつかありますが、いくつかのギミック機能と疑わしいユーザーインターフェイスがエクスペリエンスを少し汚している」ことがわかりました。

Re / codeへのインタビュー 、クック氏は、アップルが独自のストリーミング音楽サービスを作成するのではなく、ビートを購入することを選択したと述べた。クックによれば、「私たちは、それを本当に正しくした最初のサブスクリプションサービスであると私たちが信じるサブスクリプション音楽サービスを手に入れました。」

Apple-Beatsの取引に関するレポートが今月初めに発表されました。最近、取引が崩壊し、Appleがオファー価格を引き下げたという憶測がありましたが、クパチーノはBeatsが30億ドルの価値があると感じたようです。

発表は、IovineとBeatsMusicのCEOであるIanRogersがカリフォルニアで開催されるCodeConferenceでステージに上がる予定であるときに行われます。 AppleのCueとソフトウェアエンジニアリングのシニアバイスプレジデントであるCraigFederighiは、今夜遅くに登場します。

詳細については、AppleがSpotifyの後にビートを購入していること、および AppleがBeatsを購入すべきでない5つの理由 、および5つの理由。

以下のビデオでGaronLiveもご覧ください。これは、Apple、Beatsの買収について説明しています。

推奨されます