Appleが米国の一部の都市でオンサイト修理を開始

修理を受けるためにAppleのGeniusBarまたは認定パートナーに立ち寄ることを忘れてください。 Go Tech Servicesの厚意により、 MacRumorsレポート Appleは現在米国でオンサイト修理を提供しています。



専門家があなたの場所に直接移動し、損傷した製品を評価して、その場で修理します。米国のほとんどの都市では利用できないようですが、国内で最大の大都市圏のいくつかで今週から現場での修理が開始されており、今後数か月で他の都市にも拡大する予定です。ただし、Appleは正式な発表を行いませんでした。

サポートされている米国の都市のリストには、現在、ニューヨーク、シカゴ、ダラス、ヒューストン、ロサンゼルス、サンフランシスコが含まれています。これらの大都市圏のいずれかにいる限り、最寄りのアップルストアまたはアップル正規サービスプロバイダーがオンサイト修理を提供する必要があります。 NS Appleサポートサイト Go Tech Servicesによるオンサイト修理の詳細ですが、追加のパートナーもサインオンしている可能性があります。現場での修理は2月3日から始まります。





Appleは、認定パートナーがオンサイト修理に追加料金を請求する可能性があると述べています。料金は不明ですが、予約は実際にはアップル認定サービスプロバイダーのポータルを通じて行われます。

ただし、一部の問題はオンサイト修理の対象にはなりません。 MacRumorsはiPhoneのバッテリー交換にサインアップできませんでした。それでも、Go TechServicesがひびの入ったiPhoneディスプレイに表示されることがわかりました。オンサイト修理プログラムが始まったばかりなので、Appleとその認定パートナーは、対処可能な問題の幅を徐々に広げている可能性があります。



編集者からの推薦

Apple iPad Mini 2iPad Air(2019)、iPad Mini5がAppleの改装されたラインナップに加わりました Appleが無料のiPhoneバッテリーケース交換プログラムを開始 コロナウイルスがアップルの中国を拠点とする小売店、企業のオフィスを閉鎖

きっとお客様に喜ばれることでしょう。アップルストアまたはアップル認定サービスプロバイダーにアクセスすることは、多くの場合非常にうまくいきますが、ソリューションを提供することほど良いことはありません。少し高くても、その便利さはお金に見合う価値があります。

推奨されます