Bang&Olufsenは、本のように見えるスマートスピーカーを設計しました

(写真:Bang&Olufsen)

Bang&Olufsenは、自宅で高品質のサウンドエクスペリエンスを望んでいるが、部屋に大きくて目に見えるスピーカーがないことを望んでいる人がいることに気づきました。そのため、同社の最新のスマートスピーカーは本のように見えるように設計されており、本棚に簡単に消えることがあります。

これはBeosoundEmergeと呼ばれ、この超薄型スピーカーは、屋外に置いておくか、音質に影響を与えずに隠すことができます。



「BeosoundEmergeのビジョンは、革新的なドライバー構成により、そのサイズにもかかわらず、フルレンジの超ワイドサウンドを提供できる最もスリムなスピーカーを作成することでした。寝室の本棚に置いても、キッチンの狭い隅に置いても、Beosound Emergeのスリムなデザインにより、余分なスペースをとらずに、音楽を新しい部屋に拡張したり、同じエリアの既存のスピーカーを補完したりできます。 クリストファポールセンは言います 、Bang&Olufsenの上級副社長兼製品管理責任者。

BeosoundEmergeスマートスピーカー写真:Bang&Olufsen(Bang&Olufsen)

デザインエージェンシーLayerのBenjaminHubertの助けを借りてデザインされ、本のコンパクトなフォームファクターに触発されました。最終結果は、25.5 x 16.6 x 6.7cm、重さ1.3kg(2.86ポンド)のワイヤレススピーカーです。 4インチのウーファードライバー(60W)、1.45インチのミッドレンジドライバー(30W)、0.6インチのツイーター(30W)を搭載しています。ユーザーがGoogleアシスタントを操作できるマイクもあります。

編集者からの推薦

AnkerがインテリジェントWebカメラとポータブル会議スピーカー画像を発表AnkerがインテリジェントWebカメラとポータブル会議スピーカーを発表 Sonosがポータブルスピーカーのラインナップ画像に169ドルのローミングを追加 レポート:AppleはハイブリッドApple TV / HomePodデバイスを開発しています Sonosがポータブルスピーカーのラインナップに169ドルのローミングを追加

Apple AirPlay 2とChromecastをマルチルーム機能に利用することが可能であり、複数のBeosoundEmergeスピーカーを相互に接続することができます。 B&Oは、Emergeと Beoplay A9 またはBeosoundBalance。 Beosound Emergeは、ゴールドトーンまたはブラックアンスラサイト仕上げのいずれかで利用可能で、どちらも799ユーロ(950ドル)の費用がかかります。 Emergeは秋までに世界中で利用可能になると予想されますが、ヨーロッパ 今日から最初にそれを取得します

推奨されます