ほとんどのサイバー攻撃の中国の情報源、アカマイは言います

攻撃国トップ10アカマイ

アカマイの最新のレポートによると、中国は依然としてサイバー攻撃の最大の発生源であり、2012年第3四半期のサイバー攻撃全体の3分の1を占めています。



アカマイは最新の情報で、攻撃トラフィックの約33%が2012年7月から9月の間に中国で発生したと述べています。 インターネットレポートの状態 。アカマイによると、攻撃トラフィックは、16%しかなかった第2四半期と比較して2倍になりました。アカマイによると、2011年末以来、中国は攻撃活動の最大の発生源となっています。

米国は13%で、攻撃トラフィックの2番目に大きな発生源でした。ロシア、台湾、トルコがトップ5を締めくくり、それぞれが攻撃トラフィックの5%未満を占めているとアカマイは述べています。興味深いことに、ロシア、台湾、トルコからの攻撃トラフィックはすべて第2四半期から減少しましたが、中国と米国は増加しました。同社は、第2四半期の188か国と比較して、180の固有の国と地域からの攻撃トラフィックを観察しました。

「中国は依然としてトップの交通源であり続けた」と報告書は述べた。

アカマイは、上位10の国と地域が、観測された攻撃トラフィックの72%を生成したと述べています。アカマイはまた、攻撃の標的となっているポートを調べ、マイクロソフト製品のデータサービスポートであるポート445(Microsoft-DS)がリストの上位にあることを発見しました。アカマイによると、第3四半期に攻撃トラフィックの30%が標的にされたポート445は、2008年の第2四半期以来最も標的にされたポートです。 telnetに使用されるポート23は、2番目に標的にされ、攻撃トラフィックの7.6%を占めました。米国では、ポート80(HTTP、Web)が2番目にターゲットを絞ったポートでした。

アバビル作戦
アカマイはまた、銀行業界に対する分散型サービス拒否攻撃の影響を「 アバビル作戦 '第3四半期の終わりに向けて。レポートによると、アカマイの顧客に影響を与えた攻撃の中で、同社は65Gbpsもの総トラフィックレベルを観測しました。アカマイは、Ababilを標的としたドメインネームシステム(DNS)インフラストラクチャの攻撃トラフィックのほぼ3分の1が、「正当な静的ページと動的に生成されたコンテンツの要求でWebサーバーを圧倒しようとする試み」に関連していることを発見しました。

ダヴィンチジュニア1.0

インターネットのシャットダウン
レバノンとシリアは、第3四半期に国境内のインターネット接続をオフにしました。報告書によると、アカマイは、レバノンのユーザーへのHTTPトラフィックが7月2日の約3時間「ほぼゼロ」であることに気づきました。シリアのユーザーは、7月19日に約1時間同様の混乱を経験しました。

「この混乱[シリア]は本質的に短いものでしたが、前の四半期に観察された他の同様の混乱に続いていたため、決して孤立したものではありませんでした」とアカマイは報告書に書いています。シリアは11月にインターネット接続の数日間の混乱が長引いたが、これは次のインターネットの状態レポートで取り上げられると同社は述べた。

推奨されます