Dropboxがスクリーンショットを自動的に保存するようになりました

Dropboxを使用すると、写真やビデオをクラウドに自動的にアップロードできますが、ファイル同期サービスはスクリーンショットでも少し使いやすくなっています。



本日より、コンピューターで撮影したすべてのスクリーンショットを、会社のDropboxアカウントに自動的に保存できるようになります。 発表 。さらに、Dropboxはスクリーンショットへのリンクを作成し、クリップボードにコピーするので、画像を簡単に共有できます。

「サンパウロでウェブサイトのスクリーンショット、お気に入りの犬のビデオ、または友達とのビデオ通話をキャプチャしている場合でも、Dropboxを使用すると、コンピューターをもう少し整理することができます」とDropboxはブログ投稿で述べています。





一方、最新バージョンのDropboxには、Macユーザー向けの便利な新しい写真インポーターが付属しています。このツールを使用すると、すべての写真をiPhotoからDropboxに直接コピーして、イベントごとに新しいフォルダを作成できます。

「すべての写真を1か所に保管し、いつでも共有できるようにすることには多くのことが関わっています。このような小さな改善がその時期に戻ってくることを願っています」とDropbox氏は述べています。 「こうすることで、写真やスクリーンショットの撮影に集中でき、残りはDropboxに任せることができます。」



このアップデートは、先週DropboxがGoogle、Microsoft、Yahoo、Facebook、およびその他のテクノロジー大手に政府の透明性をめぐる戦いに加わった後に行われます。ファイル共有会社は本日、外国諜報監視裁判所に、受け取った国家安全保障関連の要求の数を公表する権利があるべきであると主張する法定書面を提出しました。

詳細については、GaronによるDropboxの完全なレビューと 整理する:整理にDropboxを使用するための5つのヒント

推奨されます