Googleドライブファイルを共有する方法

他の人と共有したいファイルをGoogleドライブに作成しました。問題ない。このソフトウェアの長所の1つは、他の人とうまく遊ぶ能力です。



実際、Googleドキュメント、シート、スライドを共有する方法はたくさんあるので、プロセスが混乱する可能性があります。他の人があなたのファイルを編集できるようにしたいですか、それとも単にそれを表示できるようにしたいですか?ドキュメントのライブバージョンまたは静的バージョンへのアクセスを許可する必要がありますか?共有オプションは、それらの質問への回答によって異なります。

Googleドライブは、ワープロ用のドキュメント、スプレッドシート用のスプレッドシート、プレゼンテーション用のスライドなど、いくつかのプログラムで構成されています。各プログラム内で共有するプロセスは非常に似ています。以下では、Googleドキュメントに焦点を当てます。





Googleドキュメントにはいくつかの方法でアクセスできます。 Googleドキュメントのウェブサイト ブラウザで; Googleバックアップと同期プログラム お使いのコンピューター上;またはGoogleドキュメントアプリ ios また アンドロイド

広告



ライブドキュメントを共有する

ライブドキュメントを共有するドキュメントを作成して完成させたので、それを共有したいと思います。この場合、ライブドキュメントを1人以上の人と共有したいとします。右上隅にある[共有]ボタンをクリックします(または[ファイル]メニューをクリックして[共有]を選択します)。

受信者を追加する

受信者を追加する

Googleの連絡先またはファイルを共有する相手のメールアドレスを入力します。最大200人またはグループとファイルを共有できます。ドロップダウン矢印をクリックして、その人がドキュメントを編集できるようにするか、コメントを挿入できるようにするか、またはそれだけを表示できるようにするかを選択します。招待メールにメモを追加することもできます。 [送信]をクリックします。

その人がGoogleアカウントを持っている場合、あなたのメールが送信されます。受信者がGoogleアカウントを持っていない場合は、2つのオプションが表示されます。招待状を送信できます。その場合、そのユーザーは14日以内にGoogleアカウントでログインして、ドキュメントを編集、コメント、または表示できます。

または、ドキュメントへのリンクを作成して送信することもできます。その場合、受信者はGoogleアカウントなしでドキュメントを表示できますが、編集したりコメントしたりすることはできません。

招待状を受け取る

招待状を受け取る

一方、受信者はメールを開き、[ドキュメントで開く]ボタンをクリックします。その人がGoogleアカウントを持っている場合、その人はそのアカウントにサインインして、Googleドキュメントでドキュメントを編集、コメント、または表示するように求められます。

その人がGoogleアカウントを持っておらず、リンクを送信するオプションを選択した場合、ドキュメントはGoogleドキュメントで開き、その人はそれを読むことはできますが、コメントしたり編集したりすることはできません。その人は、Googleアカウントを持っていない限り、コメントを要求したり、アクセスを編集したりすることはできません。

その人がGoogleアカウントを持っていて、それを編集する権限を持ってドキュメントにアクセスする場合、その人は右上隅にある[編集]というボタンをクリックして、オプションを[提案]または[表示]に変更できます。コメントする許可を得てドキュメントにアクセスした場合は、[提案]というボタンをクリックして、オプションを[表示]に変更できます。

共有可能なリンクを取得

共有可能なリンクを取得招待状を送信する代わりにドキュメントへの直接リンクを配布するには、[共有]ボタンをもう一度クリックしてから、[共有可能なリンクを取得する]オプションをクリックします。このオプションは、ドキュメントをSlackチャネルにドロップするなど、いつでも複数の人とドキュメントを共有する場合に便利です。

権限を選択します

権限を選択します適切な権限を選択するには、「リンクを知っている人は誰でも...」のドロップダウンメニューをクリックします。ここでは、受信者に編集、コメント、または表示する機能を与えることができます。

共有リンクのコピー

共有リンクのコピーボタンをクリックしてリンクをコピーします。これで、ドキュメントを共有するためにリンクを別のアプリケーションに貼り付けることができます。受信者は、リンクをクリックするだけでドキュメントにアクセスできますが、編集またはコメントするには、14日以内にGoogleアカウントでログインする必要があります。

Googleログインなし

GoogleログインなしGoogleにログインしなくても、ドキュメントを編集したりコメントしたりできるようにするにはどうすればよいでしょうか。もう一度[共有]ボタンをクリックします。 [リンクを知っている人は誰でも...]のドロップダウンメニューをクリックして、[その他]をクリックします。

リンク共有オプション

リンク共有オプション

これで、リンク共有の3つのオプションを試すことができます。の最初のオプション Web上で公開 誰でも正しいリンクを介してWeb上のドキュメントにアクセスできます。他のユーザーがドキュメントを編集、コメント、または単に表示することを制限するために、アクセス許可を設定できます。選択した権限に応じて、受信者はGoogleにログインしなくても、実際にドキュメントを編集、コメント、または表示できます。

の2番目のオプション リンクを持っている人 URLを知っているユーザーがドキュメントにアクセスできるようにします。このオプションは 少し リンクが共有されると予想される量に応じて、最初のものよりも安全です。

の3番目のオプション オフ リンク共有を無効にして、直接招待した人だけがドキュメントにアクセスできるようにします。

高度な共有オプション

高度な共有オプション次に、ドキュメントへのリンクをより簡単に共有したり、共有を完全に削除したりするにはどうすればよいですか? Advancedのリンクをクリックします。

共有とアクセス許可のオプション

共有とアクセス許可のオプションここでは、Gmail、Google +(今のところ)、Facebook、またはTwitterを介してリンクを共有できます。ファイルを共有しているユーザーのアクセス許可を変更したり、ファイル共有から完全に削除したりできます。また、編集者がアクセスを変更したり、新しい人を追加したりできないようにするオプションをオンにしたり、コメント投稿者や閲覧者のダウンロード、印刷、コピーのオプションを無効にしたりすることもできます。

Webに公開する

Webに公開するまだ終わっていません。グーグルの袖にはもっと多くの共有トリックがあります。 [ファイル]メニューをクリックして、[Webに公開]を選択します。

公開するための設定

公開するための設定

[Webに公開]ウィンドウで、[公開されたコンテンツと設定]の下矢印をクリックします。変更を加えるたびに公開ドキュメントを更新するかどうかを決定できます。デフォルトでは、ドキュメントは専用のWebページとして公開されます。 [公開]をクリックして、Googleから確かかどうか尋ねられたら、[はい]と答えます。

ドキュメントを既存のWebページに埋め込むことができるコードを生成する場合は、ドキュメントを埋め込むこともできます。次に、埋め込まれたコードをコピーします。

公開されたWebページ

公開されたWebページあなたの文書は、リンクを持っている人なら誰でもアクセスできるウェブページとして公開されています。

公開を停止する

公開を停止するドキュメントをWebページとしてオフにするには、[公開を停止]というボタンをクリックします。

添付ファイルとしての電子メール

添付ファイルとしての電子メール最後に、いくつかの形式のいずれかでドキュメントを電子メールで送信できます。 [ファイル]メニューをクリックし、[添付ファイルとして電子メール]を選択します。

ファイル形式の変更

ファイル形式の変更[添付ファイルとして電子メール]ウィンドウで、[添付ファイル]のドロップダウンメニューをクリックします。ドキュメントをPDF、Wordドキュメント、リッチテキストファイル、HTMLページ、プレーンテキストファイル、またはOpenDocumentとして送信することを選択できます。電子メール自体にドキュメントを挿入することもできます。
推奨されます