IBMワトソンが漫画アニメをVRゲームに変える

IBMの日本部門は、ワトソンAIの助けを借りて、漫画アニメをバーチャルリアリティに変えています。



デルインスピロン2in 1

' ソードアート・オンライン:始まり 'は、川原礫の本シリーズを仮想の大規模マルチプレイヤーオンラインゲームに変えることを目的としたIBM主催のプロジェクトです。

IBMは、ワトソンのコグニティブコンピューティング能力と、SoftLayerクラウドサービスを使用して、ナムコバンダイと提携し、来月東京でタイトルをテストすると報じられています。





参加者はVRヘッドセットを着用し、仮想世界に3Dスキャンされたアバターとして表示されます。 Kotakuによると 、日本の電撃オンラインを引用しました。従来のゲームパッドの代わりに、プレーヤーがコントローラーになります。

そして、リリースビデオ(上記)はOculus Riftを強調していますが、 SlashGearは言った IBMは、HTCViveもサポートする予定です。



これまでのところ、詳細はほとんど明らかにされておらず、IBMはGaronのコメント要求にすぐには応答しませんでした。

ソードアートオンライン は、さまざまなバーチャルリアリティの大規模マルチプレイヤーオンラインロールプレイングゲームに焦点を当てた、近未来を舞台にした2009年の日本のライトノベルシリーズです。

エコーグローは音楽を再生しますか

編集者からの推薦

ワトソン IBMのワトソンは日本語で考えることができ、糖尿病の管理に役立ちます

2012年に東京で放映され、CrunchyrollとHuluでストリーミングされたアニメの適応。 2013年に北米のテレビにヒットし、Netflixで一気見が可能です。

一方、IBMは 発表 MWCでは、AppleSwiftランタイムとパッケージカタログをIBMCloudに組み込んで、Swiftを使用したクラウドベースのエンタープライズアプリ開発を可能にしています。顧客はMobileFirstプラットフォームを自分で活用できるため、単一のプラットフォームからモバイルアプリとハイブリッドアプリのバージョンを管理できます。

推奨されます