Lenovo Thinkpad X1 Carbonと一緒に暮らす(2019)

LenovoのThinkPadX1 Carbonは、過去数年間、経営幹部を対象とした最高の軽量ノートブックです。私は過去数週間、最新の(第7世代の)バージョンを持って旅行してきましたが、根本的な改善ではありませんが、それは良いものであることがわかりました。新しいプロセッサ、追加の画面オプション、および新しいオプションのカーボンファイバー織りのデザインを提供し、パフォーマンスが向上し、バッテリー寿命が非常に長くなっています。



一見すると、2019 X1カーボンは、マットブラック仕上げと14インチのディスプレイを備え、前年のモデルとほぼ同じに見えます。昨年のバージョンでは、画面の周りのベゼルの量が減りました。これは、0.63 x 12.74 x 8.55インチ(HWD)で、重量が2.5ポンド弱の設計を継続しています。引き続き2つのUSB-Aポート、充電および周辺機器用の1つのUSB-C / Thunderbolt、HDMI出力、および側面にUBS-C /独自のイーサネットドッキングコネクタがあります。実際に気付く変更の1つは、電源ボタンがキーボードの上から右側に移動し、ヘッドフォンジャックが左側に移動し、通気口の位置がわずかに調整されているため、より簡単に回転できるようになっていることです。ドッキング中に蓋を閉じると、システムのオンとオフが切り替わります。少し変更がありますが、役に立ちます。

バックライト付きキーボードは変更されていません。 ThinkPadには、使い慣れたThinkPadキーボードが引き続き搭載されており、これは一流のままであり、特徴的な赤いTrackPointカーソルコントロールと比較的小さいが適切なタッチパッドを備えています。





sandisk Extreme Pro 64GB MicroSD

より大きな変更は、内部と画面に反映されます。プロセッサは、昨年のKaby LakeRプロセッサからIntelCoreプロセッサのWhiskyLakeバージョン(技術的には両方とも8の一部)にアップグレードされました。NSジェネレーションコアプロセッサ)、標準バージョンとvProバージョンの両方が利用可能です。 Lenovoは10を発表しましたNSジェネレーションCometLakeベースのシステムも同様ですが、Comet LakeのvProバージョンはまだ発表されておらず、CometLakeベースのシステムはまだ出荷されていないようです。

ディスプレイの場合、今年新しくなったUHD(3840 x 2160)パネルのオプションがあります。標準のパネルは400ニットのFHD(1920 x 1280)ディスプレイで、300ニットのマルチタッチディスプレイは約76ドルの追加料金で利用できます。 WQHD(2560 x 1440)パネルはさらに約136ドル。 (価格は、私がこれを書いているときに、LenovoのWebサイトから直接注文するためのものです。小売価格は異なる場合があります)。 UHDパネルは現在ウェブサイトで在庫切れですが、WQHDパネルよりも約260ドル多いはずです。



2つのユニットをテストしました。 1つは標準の400ニットFHDディスプレイと1.8GHz Corei7-8655Uプロセッサを搭載していました。もう1つは、光沢のあるUHDパネルと1.9GHz Corei7-8665UとvProを備えていました。光沢のある画面は映画を見るのに適していて、写真やビデオの詳細な編集には追加の解像度が便利ですが、一般的な用途では、少し明るく、マットな仕上がりであるため、低解像度の画面を好みましたあまりまぶしさはありません。 (また、解像度が低いため、ピクセルを移動する際に使用する処理能力が少し少なくなります。)色温度はわずかに異なりますが、製造によって少し異なると言われています。システムを構成する場合は、FHDマルチタッチパネルを選択します。これは、タッチスクリーンが実際にはラップトップで非常に便利であることがわかっているためです。

2つのユニットのパフォーマンスはかなり同等で、わずかにクロックの低いユニットの方が実際にはわずかにパフォーマンスが向上しました(これも、移動するピクセルが少なかったためと思われます)。どちらのバージョンも、昨年のKaby LakeRベースのシステムをかなりの差で上回っています。たとえば、昨年のシステムで64分かかった複雑なMatlabポートフォリオシミュレーションは、FHDシステムでは50分、UHDシステムでは52分弱かかりました。これは大きな違いですが、プロセッサが2コア/ 4スレッドから4コア/ 8スレッドに移行したときの第5世代(104分)から第6世代(64分)までの改善ほど大きくはありません。 。 (PC Magazineは、その完全なレビューでより多くのベンチマークを持っていました)

PCMark 10の最新のオフィスバッテリーテストでは、UHDバージョンは7時間43分続きました。 FHDは12時間10分続きました。どちらも数年前のラップトップに比べて大きな改善ですが、FHDのものは特に優れています。 (Garonのビデオランダウンテストでは、14時間29分でそれが行われました)。繰り返しますが、これはFHD画面を選択する良い理由です。全体として、バッテリーの寿命に非常に感銘を受けました。最近の会議の取材では、充電器をホテルの部屋に置いたまま、ワープロ、電子メール、Webブラウジングを主に使用して、1日中バッテリーで充電するのが快適でした。

この世代では、ThinkPadのスピーカーが再設計されました。これで、ヒンジの近くに2つの上向きのスピーカーがあり、マシンの下部に2つの下向きのウーファーがあります。このモデルでは音質が向上しているようです。 720p Webカメラには、物理​​的なプライバシーカバーがあります。全体として、ビデオ会議では問題なく機能しました。また、指紋リーダーもあり、うまく機能しました。

サイバーリンクパワーディレクター14アルティメットレビュー

X1カーボン2019カーボンウィーブvs.マットブラックエクステリア

この世代のもう1つの新機能は、マシンの上部にカーボンファイバー織りのデザインを採用したことです。これは、ハイエンド構成でのみ使用できます(テストしたUHDモデルには1つありました)。重量はわずかに軽くなります(通常のシステムの2ポンド、6.8オンスと比較して2ポンド、6.1オンスの重さです)が、違いに気付くことはありません。 (充電器を含めて、FHDシステムの重量は3ポンド、1.3オンスです)。カーボン織りは微妙で、この世代を少し際立たせますが、それはかなり小さな違いです。

編集者からの推薦

ThinkTiny この小さなThinkPadラップトップはあなたの手にフィットし、ゲームを実行します Windows10アップデートのオレンジ色合いの問題LenovoがWindows10がオレンジ色に変わった理由を明らかに

いつものように、Lenovoには独自のソフトウェア、特に独自の(個別の)バッテリー制御を含む独自のVantage管理ツールキットが含まれています。利用可能なソフトウェアのバージョンがわずかに異なることがわかりました。そのうちの1つは、Vantageコントロールをタスクバーに配置しました。しなかった他。私の推測では、ほとんどの企業ユーザーは独自のWindowsビルドを使用し、とにかくそれを見ることができません。

ベストケースギャラクシーS6エッジ

Webサイトを見ると、基本価格が1,253ドルからで、テストしたFHDシステム(Core i7-8565U、16 GBのRAM、512 GBのSSD)と同様のシステムが1,550ドルであることがわかります。もちろん、価格は異なります。

全体として、ThinkPad X1 Carbonは、昨年のモデルよりも少し軽量で少し高速で、画面オプションが増え、いくつかの優れた機能強化が施されています。これは、14インチのエンタープライズノートブックの中で引き続きトップの選択肢です。

これがGaronの完全なレビューです。

推奨されます