お風呂で充電iPhoneを取った後に感電死した男

入浴は切断するのに良い時期です。あなたの精神的健康のためでなければ、あなたの身体的安全のために。



お風呂でiPhoneを充電しているときに、最近感電死で亡くなった32歳のイギリス人男性からこのレッスンを受けてください。による デイリーメール 、リチャード・ブルはiPhoneの充電器を延長コードに接続し、水中でリラックスしながら電話を胸に置きました。デバイスが水と接触したとき、彼は電撃されました。

捜査官は、彼の死は自殺ではなく事故であると信じている、と報告書は述べている。事件は、2016年12月に彼がクリスマスパーティーの準備をしているときに男の家で起こったが、調査の結果、ちょうど今明らかになっている。





悲劇は、スマートフォンのような「無害なデバイス」がバスルームのヘアドライヤーと同じくらい危険である可能性があることをはっきりと思い出させるものです。 デイリーメール 。検死官は現在、クパチーノがこのリスクについてデバイスに警告を付けることを推奨するメモをアップルに書くことを計画しています。

Appleはコメントの要求にすぐには応答しなかった。



ブルの妻は彼の体を見つけました。伝えられるところによると、彼女は夫が火傷の重症度のために攻撃された可能性があると考えていました。

編集者からの推薦

iPhone 7Plusの爆発 ビデオ:10代のiPhone 7Plusが煙に包まれる

「死後、感電死の結果として右腕と胸に火傷が見られた」と、検死官は報告書に書いている。 デイリーメール 。伝えられるところによると、彼の右手にも火傷がありました。

残念ながら、iPhoneの使用中に感電死した人はこれが初めてではありません。 2013年、充電中にiPhone 5で電話に出たところ、中国人女性が感電で死亡しました。

推奨されます