Microsoftが下位互換性のあるXboxOneタイトルのリストを拡張

お気に入りのXbox360ゲームがXboxOneで動作するのをまだ待っていますか?あなたの待機は終わったかもしれません。



マイクロソフトは本日発売された下位互換性のあるタイトルの新しいバッチを発表しました:ウィッチャー2:キングスの暗殺者、サム&マックスセーブザワールド、イージスウィング、カウンターストライク:GO、ブーティーの時代、スペースキリン、ソウルキャリバー、スカルガールズ、ジェレミーマクグラスのオフロード、およびスモールアームズ。

The Witcher 2:Assassins of Kingsをプレイしたことがない場合は、Xbox.comから無料でダウンロードできます。このオファーは、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツのXboxOneおよびXbox360の所有者が2月5日まで利用できます。





初心者の場合、ウィッチャーサーガの第2弾では、「危険な暗殺者を追い詰めながらテメリアを巻き込んだ政治的混乱に巻き込まれたリヴィアのゲラルト、プロのモンスタースレイヤー、またはウィッチャーのアイデンティティを想定することができます」。 Xboxチームは ブログ投稿 。 「強烈で感情に訴える非線形の物語を特徴とし、剣と魔法の能力であなたのスキルを使用して、2015年のイベントにつながる複雑で広大な冒険を体験してください…ウィッチャー3:ワイルドハント。」

一方、Microsoftは、将来、XboxOneの下位互換性のある新しいタイトルの発売方法を変更しています。



「本日より、毎月の発売日ではなく、発売時にタイトルをリリースします」とXboxチームは書いています。 「これがあなたにとって意味することは、最新のタイトルを見つけるのを待つ必要がないということです。利用可能なものは何でもリリースします…各タイトルがエンジニアリングと出版社の承認のスタンプを受け取ったら。

特定のゲームがカットされるのをまだ待っている場合は、投票してください ここ

マイクロソフトがリリースしてから 下位互換性のあるゲームの最初のリスト 同社によれば、11月には世界中のXboxゲーマーがXboxOneで2100万時間以上のXbox360ゲームをプレイしたという。

推奨されます