マイクロソフトがBingCOVID-19トラッカーを発表

コロナウイルス感染症が世界中に広がる中、マイクロソフトはBing検索エンジンを使用して、国別および州別でコロナウイルス感染症を追跡する簡単な方法を提供しています。

rca37インチサウンドバー

NS ZDNetレポート 、マイクロソフトは BingCOVID-19トラッカー 、これはGoogleマップとよく似ていますが、コロナウイルスの症例とその結果にのみ焦点を当てています。



インタラクティブマップは、コロナウイルスの症例の位置を円で示し、そのサイズが症例の数を示します。左側には、確認済み、アクティブ、および致命的なケースの現在の合計があります。これを書いている時点で、169,673の確認されたケース、85,338のアクティブなケース、77,767の回復されたケース、および6,518の致命的なケースがありました。

合計の下には、国と米国の州のリストがあります。たとえば、米国の州をクリックすると、その場所に地図が焦点を合わせ、症例の内訳が一覧表示され、そこでのコロナウイルスのニュースをカバーするビデオへのリンクが提供されます。ローカルでコロナウイルスに何が起こっているのか心配している人や興味がある人にとっては、ここから始めるのが良いでしょう。

hp oj pro6835レビュー

編集者からの推薦

ヨーロッパが自宅で仕事をしようとすると、MicrosoftTeamsが衰退するImage ヨーロッパが自宅で仕事をしようとすると、MicrosoftTeamsがダウン グーグル:実際、私たちは グーグル:実際、私たちはコロナウイルスのウェブサイトをやるつもりです 米国の通信事業者、ISPは、コロナウイルスの発生画像の間にデータキャップを削除します米国の通信事業者、ISPは、コロナウイルスの発生時にデータキャップを削除します

マイクロソフトが使用しているデータは、世界保健機関(WHO)、米国疾病予防管理センター(CDC)、および欧州疾病予防管理センター(ECDC)から提供されています。トラッカーがどのように存在するようになったのかについて、Bing Growth andDistributionのゼネラルマネージャーであるMicrosoftのMichaelSchechterは、次のように説明しています。

推奨されます