日産は2020年までに自動運転カーテックを約束

日産は2020年までに自動運転市場に参入するという大きな夢を持っています。

本日の発表で、自動車メーカーは、7年以内に複数の車両に「革新的な」商業的に実行可能な自動運転技術を導入することを約束しました。



「日産自動車は、従来の考え方に疑問を投げかけ、進歩を推進する意欲があるのか​​?それが私たちを際立たせているのです」とCEOのカルロスゴーンは声明で述べています。

彼は2007年の公約を指摘し、2010年までに日産はゼロエミッション車をマスマーケットで販売する予定であり、今日、日産リーフは歴史上最も売れている電気自動車であると付け加えました。

「今、私は2020年までに新しい革新的な技術である自動運転を導入する準備ができていることを約束しています。私たちはそれを実現するために順調に進んでいます」とゴーンは言いました。

日本ではすでに作業が開始されており、2014年度末までに完了する予定です。このテクノロジーは、車両の安全性テストを新しいレベルに引き上げる街並みを特徴としています。

今月カリフォルニアで開催された日産360イベントの参加者は、分析用に一部のリーフ車両に搭載されているレーザースキャナー、アラウンドビューモニターカメラ、高度な人工知能など、初期の自動運転技術でスニークピークを迎えています。

ギャラクシーS4対iPhone5s

自動運転車の背後にあるコンセプトは、怠惰な乗客や気が散る乗客を超えていますか?これは、潜在的に悲劇的な状況を検出して対応するのに役立つことを目的としています。日産によると、米国では毎年600万件の事故が発生し、その費用は1,600億ドルに上り、4〜34歳の死因の第1位にランクされています。さらに、アメリカでの事故の93%は人為的ミスによるものであり、ほとんどの場合不注意によるものです。

さらに、自動運転は、ドライバーの作業が減り、高齢者や障害者の真のモビリティを意味する可能性があります。

しかし、グーグルはなんとか自動車メーカーを打ち負かした。 2010年後半、自動運転車を開発しただけでなく、公道でのテストにも成功したことを明らかにしたとき、テクノロジーの巨人は業界を驚かせました。

未来的なコンセプトはまだ揺籃期にありますが、今年は多くの注目を集めています。 1月から トヨタとアウディがCESで自動運転車の技術を披露したとき。 5月、米国の運輸当局は、議員への勧告を含む、技術開発のための初期のガイドラインを発表しました。

月曜日に、主要な自動車メーカーとの契約に達することができなかったグーグルがそれ自身の車を作るであろうという報告が表面化した。グーグルベースの自動運転車は、「ロボタクシー」として使用される場合もあれば、単に自動車メーカーの羽を乱して取引を確保するための試みである場合もあります。

詳細については、Googleが自動運転車からお金を稼ぐかどうかを確認してください。

推奨されます