Parrot Bebop2ドローンは25分の飛行時間を約束します

ドローンメーカーのParrotは火曜日に、最新の飛行製品であるBebop2を発表しました。

第2世代のBebopレジャークワッドコプターは1ポンド強の超軽量で、25分の飛行時間を提供し、前任者の限られた飛行時間を上回ります。 Bebop 2は、土壇場でのホリデーシーズンの買い物客にちょうど間に合うように、12月14日に549.99ドルで発売されます。



Parrot Bebop 2 Bebop 2は、フルHDビデオを撮影するデジタル手ぶれ補正機能を備えた14メガピクセルの魚眼カメラを搭載しています。 iOSまたはAndroidのスマートフォンまたはタブレットのアプリを介して試験運用されます。 Wi-Fi MIMOを介してデバイスに接続すると、Bebop2は最大984フィートの「完全に安定した接続」を実現します。ドローンが移動したい方向に携帯電話を傾けるか回転させるだけで、それが追従します。

画像はスマートフォンやタブレットの画面にライブストリーミングされ、指をスワイプするだけでカメラの角度をデジタルで変更できます。デバイスは8GBの記録されたコンテンツを保持でき、準備ができたら携帯電話、タブレット、またはコンピューターに簡単に転送できます。

xboxoneエリートコントローラーバンドル

推進力については、4つのエンジンを搭載した4つの3ブレードプロペラを備えており、「高速飛行中の優れた操縦性」を提供します。速度に関しては、水平方向に37mph、垂直方向に13mphまで飛ぶことができます。それは14秒で最高速度に達し、4.5秒でブレーキをかけ、39mphまでの向かい風に抵抗し、20秒未満で328フィートまで飛ぶことができます。

完了したら、「着陸」ボタンを押すと、Bebop 2は、高度に関係なく、自動的にスムーズに着陸します。パロット氏によると、Bebop 2は、自動操縦システムのおかげで、理想的とは言えない状況でも簡単に操作できます。

編集者からの推薦

ドローン規制:あなたがイメージを知る必要があることドローン規制:あなたが知る必要があること

Bebop 2は、16ミリ秒ごとに地面の画像を撮影し、それを前のカメラと比較して速度を決定する垂直安定化カメラ、最大16フィートの飛行高度を分析する超音波センサー、および気圧を測定し、5フィートを超える高度を分析する圧力センサー。また、ドローンのバンク角を測定するための3軸ジャイロスコープも備えています。 3軸上の位置と線速度を測定するための加速度計。 3軸磁力計は、ドローンの位置を定義するのに役立つコンパスのように機能します。速度を測定するのに役立つGPSもあります。

一方、Bebop2は新しいBlackEdition Parrot Skycontrollerとも互換性があり、最大6,561フィートのWi-Fi範囲を拡張できます。新しいドローンとスカイコントローラーを一緒に使用すると、799.99ドルに戻ります。

xboxoneスペクトル有線コントローラー
推奨されます