レポート:MicrosoftがSurfaceデバイス、データセンター向けの社内ARMチップを開発

Intelチップを落とす準備をしているのはAppleだけではないかもしれない。新しい 報告 Bloombergによると、Microsoftは社内のARMプロセッサの設計に取り組んでおり、同社のクラウドサービスとその中のデバイスに電力を供給しています。 水面 ライン。



もしそうなら、開発はインテルにとって打撃となるでしょう。同社は長い間サーバープロセッサの市場を支配してきました。ただし、Intelのチップ製造技術は、10ナノメートルおよび7ナノメートルのノードへの移行に苦労しており、これにより、ライバルのAMDがサーバースペースで競争するための扉が開かれました。

Bloombergのレポートには、Microsoftが社内のARMプロセッサを開発している理由が正確に記載されていません。ただし、ARMベースのCPUはより少ない電力で実行される傾向があることに注意してください。同時に、マイクロソフトは、アマゾンを含むクラウドコンピューティング分野でライバルを打ち負かそうとしています。





マイクロソフトはブルームバーグの報告を否定していません。 「シリコンはテクノロジーの基盤となるビルディングブロックであるため、設計、製造、ツールなどの分野で独自の機能に投資し続け、同時に幅広いチッププロバイダーとのパートナーシップを促進および強化しています」とマイクロソフトのフランクショーは述べています。コミュニケーション担当コーポレートバイスプレジデント。

すでにIntelシリコンを捨て始めている1つの会社はAppleです。 11月、同社はM1として知られるApple独自の社内ARMチップをベースにした最初のMac製品を発表しました。それ以来、新しいMacは、その強力なCPU機能と長いバッテリー寿命で絶賛されています。



エリートプロ2タートルビーチ

MicrosoftはAppleの足跡をたどろうとしているのかもしれない。ただし、同社はすでに消費者向けWindows製品でARMベースのチップを使用しています。昨年、MicrosoftはSurface Pro Xをリリースしました。これは、Qualcommと提携して開発したSQ1と呼ばれるカスタムARMプロセッサを使用しています。

編集者からの推薦

ARM搭載MacはすでにCrossOverImageを使用してWindowsアプリを実行できますARM搭載MacはすでにCrossOverを使用してWindowsアプリを実行できます 初期のベンチマークは、AppleのARMベースのMacがSupremeを統治していることを示しています Intelは2021年初頭までに7nmチップ用のサードパーティファウンドリを利用することを決定する

私たちのレビューに基づくと、SQ1チップは、長いバッテリー寿命に加えて、いくつかの印象的なCPUパフォーマンスを提供します。苦しんでいるのはソフトウェアサポートです。ARMベースのチップであるSQ1は、エミュレータを使用するIntelシステム用に設計されたx86 Windowsアプリケーションのみを実行できるため、ロード時間が遅くなります。

ブルームバーグによると、マイクロソフトの取り組みは「Surfaceデバイス用のサーバーチップよりもサーバーチップを生み出す」可能性が高いとのことです。

推奨されます