Sonosが最初のポータブルスピーカーであるMoveを発表

Sonosは、マルチルームホームオーディオスピーカーのトップメーカーの1つとしての地位を確立しており、17年間、あらゆる種類のポータブル製品を避けてきました。 Editors'Choice Sonos One(BestBuyで$ 219.99)とSonos Beam(BestBuyで$ 219.99)を含むすべてのSonosスピーカーは、Wi-Fiスピーカーのみであり、接続する必要があります。 SonosはついにMoveでそのトレンドを打ち破っています。



広告

屋外スピーカー

屋外スピーカー

Sonos Moveは、携帯性のためにSonosによって設計された最初のスピーカーであり、電源ケーブルなしで使用できるバッテリーが内蔵されています。それはかなり大きなスピーカーで、重さは数ポンド、高さは約1フィートです。ジャケットや小さなバッグに入れるには少し大きすぎますが、バックパックに入れることができます。金属製の本体に組み込まれた非常に大きなハンドルを使用すると、スピーカーを別の部屋、ポーチや裏庭、またはビーチ。





ビーチといえば、SonosはMoveを広範囲に耐候性にしました。 IP56定格です。つまり、ほこりや砂に覆われたり、水でホースで止めたりすることができます(完全に水中に沈めることはできませんが)。華氏約15度から130度の間でも機能する可能性があり、Sonosによると、広範囲にわたる衝撃と落下のテストにさらされています。

音声アシスタントとBluetooth

音声アシスタントとBluetooth

SonosのマルチルームオーディオプラットフォームはWi-Fiを使用していますが、ホームネットワークはおそらく庭では信頼できず、ビーチでは確かに利用できません。このため、SonosはついにMoveでBluetoothを採用しています。 Bluetooth経由で携帯電話に直接接続でき、純粋に ブルートゥーススピーカー 、ホームネットワークの範囲外の場合。



Wi-Fiネットワークにとどまるとき、MoveはSonosの数十のストリーミングオーディオサービスの完全なサポート、AirPlay 2の互換性、および音声アシスタントのサポートを備えています。 Moveのマイクアレイは音声コマンドをリッスンでき、OneやBeamと同じようにAmazonAlexaまたはGoogleアシスタントを使用できます。両方の音声アシスタントは、起動時にMoveで使用できます(ただし、一度に使用できるのは1つだけです)。

自動Trueplay

自動Trueplay

マイクアレイは、SonosMoveのもう1つの新機能である自動Trueplayを有効にします。以前はスマートフォンでオーディオプローブとして使用されていたTrueplayは、部屋のさまざまな位置からのスピーカーの出力を測定して、その部屋の音響に合うように調整します。自動Trueplayは、電話をプロセスから除外し、独自のマイクアレイを使用してスピーカーの出力を測定し、その場で調整します。

SonosMoveは9月24日に399ドルで利用可能になります。

Sonos OneSLとポート

Sonos OneSLとポート

Sonosは他に2つの新製品を発表しました。 179.99ドルのSonosOne SLは、SonosOneの非音声アシスタントバージョンです。既存のスピーカーと同じオーディオパフォーマンスと接続性を備えていますが、AmazonAlexaまたはGoogleアシスタントを有効にする遠距離マイクがありません。それは Sonos Play:1

一方、399ドルのSonos Portは、ユーザーが現在のサウンドシステムをSonosエコシステムに統合できるようにするワイヤレスアダプターです。これはSonosConnectに代わるものであり、主にホームシアターインストーラーを対象としており、12Vトリガーを追加してAVレシーバーを自動的にオンにします。

どちらのデバイスも9月12日に出荷されます。

推奨されます