ソニーMP-CD1モバイルプロジェクターレビュー

ソニーMP-CD1モバイルプロジェクター もっと詳しく知る 。

長所

  • 全体的に良好な画質。
  • なめらかな住宅。
  • レザーケース付き。
  • 充電用のUSBType-Cポート。
  • HDMI / MHL接続。
  • 長持ちする電球。

短所

  • それが提供するもののために高価です。
  • 比較的低輝度。
  • 接続の選択肢が限られています。
  • ワイヤレスドングルは含まれていません。

多くの点で、ソニーMP-CD1モバイルプロジェクターは、その前身である Sony MP-CL1 —同じポケットサイズ、同じシンプルで魅力的なスタイル—しかし、1つの重要な機能を追加し、別の機能をドロップします。 MP-CL1は、数少ないものの1つであることで際立っていました。 プロジェクター レーザーベースのライトエンジンを組み込むために、MP-CD1は、数十年前にテキサスインスツルメンツによって開発された昔ながらのデジタルライトプロセッシング(DLP)テクノロジーを使用しており、レビューするプロジェクターの約半分で使用されています。 MP-CD1(Amazonで$ 1,704.95)が追加するのは、急速充電を可能にするUSB​​Type-C接続です。画質はビデオ画像とデータ量の多い画像の両方で適度に優れており、MP-CD1は確かにハイパーポータブルですが、提供するものとしては少し高価です。

ソニーMP-CD1モバイルプロジェクター





ミラーハードドライブウィンドウ7

ビッグショーの持ち運び

マットブラックのMP-CD1のサイズは0.5x 3.1 x 5.8インチ(HWD)で、重さはわずか7オンスです。それは私のiPhone7S Plusよりも少し短くて厚いです、そしてそれはシャツのポケットに(かろうじて!)収まることができます。ボディデザインはシンプルでありながらハンサムで、アルミ製で、なめらかなブラックのキャリングケースが付属。

私たちの専門家がテストしました27今年のプロジェクターカテゴリの製品1982年以来、Garonは何千もの製品をテストおよび評価して、より良い購入決定を下すのに役立てています。 (テスト方法を参照してください。)

このミニプロジェクターには、5,000mAhの充電式バッテリーが内蔵されており、ソニーによれば、1回の充電で最大2時間持続します。フル充電でのテストでビデオを再生すると、バッテリーはほぼ同じ長さでした(正確には、1時間40分)。バッテリーは、他のモバイルデバイス用のパワーバンクスタイルのUSB充電器としても機能します。



類似製品

フィリップスポケットプロジェクターPPX4350ワイヤレス3.5良い

フィリップスポケットプロジェクターPPX4350ワイヤレス

見てくださいアマゾンでフィリップスポケットプロジェクターPPX4350ワイヤレスレビューを読む ソニーMP-CL1プロジェクター4.0エクセレント

フィリップスポケットプロジェクターPPX4010

見てくださいアマゾンでフィリップスポケットプロジェクターPPX4010レビューを読む ソニーMP-CD1モバイルプロジェクター4.0エクセレント

AAXAP4-Xピコプロジェクター

見てくださいアマゾンで AAXAP4-Xピコプロジェクターレビューを読む ソニーMP-CD1背面パネル3.5良い

ソニーMP-CL1プロジェクター

見てくださいアマゾンで ソニーMP-CL1プロジェクターレビューを読む

ソニーMP-CD1モバイルプロジェクター

ソニーはMP-CD1の明るさを105ルーメンと評価しています。そのDLPライトエンジンは50,000時間の定格のLED光源を備えているため、ランプはプロジェクターの寿命が続くはずです。ネイティブ解像度は854x 480ピクセル、別名WVGA、実質的に16:9のアスペクト比、低輝度ピコプロジェクターの一般的な解像度です。

1つの例外を除いて、ポートとコントロールはプロジェクターの右側にあります。プロジェクターを充電するためのUSBType-Cポートが用意されています。 (付属のアダプターケーブルは、コンピューターまたはジュース用の電源に接続します。)プロジェクターのUSB Type-Aポートは、モバイルデバイスを充電するためのものです。 HDMIポートを使用すると、プロジェクターをコンピューター、DVDプレーヤー、MHL互換のAndroidモバイルデバイスなどのHDMIソースに接続できます。 (iOSデバイスからストリーミングすることもできますが、そのためにはApple Digital AV Adapterを購入する必要があります。)Microsoft Wireless Display AdapterなどのさまざまなWi-Fiドングルは、プロジェクターのHDMIで動作します。 /またはワイヤレス接続を提供するUSB​​ポート。

ポートとボタンの図の締めくくり:オーディオ出力ジャックと電源ボタン。後者は、MP-CD1の標準プロジェクションモードとダイナミックプロジェクションモードの間の切り替えとしても機能し、内蔵の1ワットスピーカーからのオーディオを有効またはミュートします。 (両方についてはすぐに詳しく説明します。)

エプソンの労働力ds-510

関連ストーリー

プロジェクターの左側、レンズの後ろには、フォーカススライダーという単一のコントロールがあります。それで、私はかなり鋭い焦点を達成することができましたが、理想的な設定をオーバーシュートするのは簡単なので、かなりの試行錯誤の後でのみです。

MP-CD1の底面には三脚用のネジ穴がありますが、レンズに適切なクリアランスを与えるために三脚を使用する必要はない場合があります。プロジェクターは4つの短い足で支えられており、テーブルトップの端に持っていくと、干渉することなく投影できます。また、長くて平らなボディ形状により、小さなものを下に滑らせて前部を支えやすくなっています。

ソニーMP-CD1モバイルプロジェクター(プロジェクション)

明るさ、画質の評価

Society of Motion Picture and Television Engineers(SMPTE)の推奨に基づくと、MP-CD1のアスペクト比が16:9であり、劇場の暗い照明で約40〜54インチ(斜めに測定)の画像を表示するには、105ルーメンが十分に明るいです。 1.0ゲインの画面を想定しています。私の経験によると、このプロジェクターの明るさとサイズの最適なバランスは、わずかに小さいサイズ、約36インチです。

ギャラクシータブ47.0レビュー

プロジェクターは、私たちの標準的なスイートで公正な仕事をしました DisplayMate データイメージテスト。白地に黒のテキストと黒地に白のテキストは、どちらも9ポイントという小さなサイズではっきりと読み取れました。特に低輝度を考慮すると、色は十分に飽和しており、カラーバランスは良好でした。虹のアーティファクト(特に明るい背景の暗い領域の端にある小さな赤/緑/青のフラッシュ)が、それらを引き立たせる傾向のある画像にあることに気づきました。このいわゆる「レインボー効果」は、DLPプロジェクターからの画像によく見られます。データイメージで重大な問題になることはめったになく、MP-CD1では問題にならないはずです。

ソニーMP-CD1モバイルプロジェクター プロジェクターのテスト方法をご覧ください

印象的ではないにしても、ビデオは視聴可能でした。ビデオ再生の色は適度に良好でしたが、プロジェクターのデフォルトの標準画像モードでは淡い色でした。特定のシーンでは、ポスタリゼーション(段階的に変化するはずの色の急激な変化)や、明るい領域のディテールの喪失が見られました。平均的なDLPプロジェクターよりもレインボーアーティファクトが少ないことに気づきましたが、その効果に敏感な人は気が散るほどのレインボーアーティファクトがあります。 MP-CD1のビデオは、短〜中程度の長さのクリップを視聴するのに適した品質です。ダイナミック画像モードに切り替えると、色はやや濃くなりましたが、より多くの虹のアーティファクトが表示されました。

ステルススピーカー

ささやき声が最も適切かもしれませんが、それを言う他の方法はありません。1ワットのスピーカーは柔らかく柔らかい音を押し出します。よく聞くには、プロジェクターの近くにいる必要があります。そして、ソニーのプロジェクターの仕様をよく見ないと、スピーカーが均一であることに気付かないかもしれません。 そこの

前述したように、電源オン/オフボタンは、スピーカーとプロジェクターの2つの画像モードの両方のセレクターとしても機能します。デフォルトでは、スピーカーはミュートされ、プロジェクターは標準モードで表示されます。電源ボタンを1回(1秒未満)押すと、音が鳴ります。 (プロジェクターには音量コントロールがありません。ビデオのストリーミング元のデバイスの音量を調整する必要があります。)ボタンをもう一度押すと、サウンドはミュートされますが、ダイナミックモードになります。もう一度押すと、ダイナミックモードになり、音が鳴ります。 4つ目は、ミュートされた標準モードに戻ります。

vivitek qumiq5ポケットプロジェクター

つまり、視聴者のグループのスペースを満たすオーディオが必要な場合は、いくつかの外部スピーカーを接続する必要があります。

行くショーのためのまともなピック

ソニーMP-CD1モバイルプロジェクターは、その前身であるMP-CL1に見られるレーザーベースのライトエンジンを欠いていますが、これは悪いことではありません。画質は似ていました。 MP-CD1のカラーバランスは優れていましたが、MP-CL1(Amazonで$ 1,704.95)は、テキストのレンダリングがわずかに優れていました。 DLPプロジェクターとして、MP-CD1のビデオはレインボーアーティファクトを示しました。これは特に深刻ではありませんが、それでも一部の視聴者を苛立たせる可能性があります。とはいえ、レーザープロジェクターには独自のアーティファクト、いわゆる「スペックル効果」があります。

DLPプロジェクターは、レーザーベースのモデルよりも低価格で販売される傾向がありますが、MP-CD1の定価はMP-CL1よりも高くなっています。対照的に、DLPベースの極小のフィリップスポケットプロジェクターPPX4010(Amazonで$ 1,704.95)は、これらのソニーのどちらよりもかなり安価です。 MP-CD1のバッテリーがなく、主にコンピューターからの投影を目的としていますが、優れたデータ画質と視聴可能なビデオを提供します。 MP-CD1のオフザコードのポータブルタレントが必要ない場合は、持ち運びが簡単な多用途のプロジェクターを求めているなら、フィリップスモデルを検討してください。

ソニーMP-CD1モバイルプロジェクター

3.5 ご覧ください$ 1,704.95アマゾンで希望小売価格$ 399.99

長所

  • 全体的に良好な画質。
  • なめらかな住宅。
  • レザーケース付き。
  • 充電用のUSBType-Cポート。
  • HDMI / MHL接続。
  • 長持ちする電球。

短所

  • それが提供するもののために高価です。
  • 比較的低輝度。
  • 接続の選択肢が限られています。
  • ワイヤレスドングルは含まれていません。

結論

ソニーMP-CD1モバイルプロジェクターは、バッテリーを内蔵したスタイリッシュな携帯電話サイズのミニプロジェクターです。やや高額な価格で、全体的に優れた画質を実現します。

推奨されます