研究:コロナウイルスは段ボールで最大24時間、プラスチックで3日間生き残ることができます

新しい研究によると、コロナウイルスは、キーボードやマウスなどのプラスチック製の電子機器で最大3日間、段ボールで最大24時間生き残ることができます。



火曜日に、国立衛生研究所、CDC、およびUCLAの研究者 公開 コロナウイルス株COVID-19が表面に広がる可能性があることを確認する研究。この研究は、ウイルスのサンプルをさまざまな材料に置くことによって実施されました。研究者たちは、COVID-19は、プラスチック上で最大72時間、段ボール上で最大24時間、十分な生存ウイルスで生き残ることができることを発見しました。

その結果、現在米国で6,519人以上が感染している大発生の中で、定期的に電子機器を掃除することをお勧めします。また、段ボールのパッケージを開封した後は、手をよく洗うことをお勧めします。





この研究はまた、コロナウイルスが鋼上で最大48時間、銅上で最大4時間生き残ることができることを発見しました。ただし、実験は室温、具体的には相対湿度40%で摂氏21〜23度(華氏69.8〜73.4度)で行われたことに注意してください。したがって、ウイルスが他の温度でどれだけ長く生き残るかは不明なままです。しかし、医師はガロンに、ウイルスがより高温の環境や日光の存在下でより急速に死ぬのではないかと疑っていると語った。

残念ながら、研究者たちはガラス上でCOVID-19をテストしませんでした。しかし、この研究では、ウイルスの生存率は別のコロナウイルス株であるSARSと類似しており、2002年から2003年にかけて中国で別の発生を引き起こしたことがわかりました。過去 リサーチ on SARSは、ガラス上で室温で最大4日間生き残ることができることを発見しました。



興味深いことに、研究者たちはまた、ウイルスを空中に浮遊させ続けるために、病気をエアゾールスプレーに蒸留し、それを回転ドラムに発射することを決定しました。そのエアロゾル化された環境では、COVID-19は最大3時間生き残ることができることが研究でわかった。

ただし、これは、COVID-19が一度に何時間も空中に残ることを心配する必要があるという意味ではありません。オン ツイッター 研究の背後にいる研究者の一人であるNeeltjevan Doremalenは、実験はエアロゾル伝播の証拠ではないと述べた。

編集者からの推薦

COVID-19 Isn COVID-19はインターネットをクラッシュさせていません...まだ 最初の45人の米国のボランティアが実験的なCOVID-19ワクチン画像を取得 最初の45人の米国のボランティアが実験的なCOVID-19ワクチンを取得 コロナウイルスを運ぶ中国製の電子機器が心配ですか?ドンコロナウイルスを運ぶ中国製の電子機器が心配ですか?しないでください、専門家は言います

通常、エアロゾルを介して伝染するとは思いません。しかし、医療従事者が挿管などのエアロゾル生成手順を実行することもあります。そのような状況では、エアロゾルの生存率を認識することが重要である可能性がある、と彼女は別の方法で付け加えた つぶやき

公衆衛生当局によると、誰かがくしゃみをしたり咳をしたりするとウイルスが広がり、呼吸器飛沫が発生し、空中にぶら下がるのではなく、近くの表面や人にすばやく着地します。これらの液滴は、近くにいる人の口や鼻に着地するか、肺に吸い込まれる可能性があります。CDC 言う 。その結果、保健当局は一般市民に家にとどまり、他の人から6フィートの距離を保つように促しています。

推奨されます