AT&T:iPadのアクティベーションは昨年より200%増加

iPad Airのラインは新しいiPhoneのラインほど長くはなかったが、AT&Tは文句を言っていない。キャリアは月曜日に、週末にiPadのアクティベーションが急増したと語った。



「AT&TでのiPadのアクティベーションは、昨年の発売週末と比較して過去3日間で200%以上増加しました。これは、新しいiPad Airに対する消費者の興奮と、顧客が既存のデータプランにiPadを追加できるAT&T MobileShareの人気によるものです。 AT&Tモビリティの社長兼CEOであるラルフデラベガは声明のなかで述べた。 「また、iPadを0ドルで提供するAT&TNextに対する強い需要も見られました。」

iPad Airは金曜日、米国、英国、カナダを含む42か国で発売されました。 Appleはまだ新しいタブレットの公式売上高を発表していないが、CEOのTim Cookは最近の決算発表で、「iPadクリスマス」になると確信していると語った。





Apple製品の発売は通常、同社の小売店での光景ですが、新しいiPhoneはiPadよりも多くの人を引き付ける傾向があります。多くの人がiPadAirを事前注文した可能性があります。これは、先月iPhone 5sでは利用できなかったオプションであり、ニューヨーク市やその他の場所で大騒ぎを引き起こしました。

他の人は、Retinaディスプレイを備えた更新されたiPadminiを待っているかもしれません。 11月下旬に白とシルバーまたはスペースグレーと黒で到着します。 Wi-Fiバージョンは399ドル(16GB)から、Wi-Fiと携帯電話は529ドルから。一方、iPad Airはシルバーとホワイト、またはスペースグレーとブラックで提供されており、16GB Wi-Fiバージョンは499ドルから、セルラーモデルは629ドルから。



詳細については、GaronによるiPadAirの完全なレビューと上記のスライドショーを参照してください。

推奨されます