Tech Company Trillion-Dollar Valuations Crumble

1か月の違い、そしてパンデミックは、米国のテクノロジー企業のいわゆる価値にどのような違いをもたらす可能性があります。



2018年には、どの企業が1兆ドルの時価総額を最初に持つかについての憶測が飛び交っていました。 Appleはそのレースに手軽に勝った 。しかし、Alphabet(Googleの所有者)、Amazon、Microsoftもそのマイルストーンに到達するのにそれほど時間はかかりませんでした。マイクロソフトは、しばらくの間、1兆ドルのスポットを単独で保持していました。

しかし、上のグラフは、コロナウイルスが株式市場で受けた犠牲を示しています。 Ychartsからの情報で、私たちのパートナーは Statista 2月の1か月前から3月23日月曜日までの時価総額を見ると、テクノロジーのビッグフォーの低下は驚異的です。





アマゾンは、おそらく(おそらく)私たちが今最も必要としている会社であり、非常に多くの人々が避難しているため、わずか960億ドルで最も損失が少なかった。しかし、それでも会社をその象徴的/魔法の1兆ドル以下に落とすには十分でした。

グーグルとアップルもその月曜日の時点で1兆ドルを下回っていた。今月のAppleの損失は最も高く、3,880億ドルでしたが、これがすべて起こる前に、Appleは1.5兆ドルのスポットをかき集めようとしていました。



Microsoftも2月21日にAppleと一緒にいたが、月間での損失はわずか3,240億ドルであり、時価総額が1兆ドルを超えたままであることを意味している。今のところ。

編集者からの推薦

マイクロソフトがBingCOVID-19トラッカー画像を発表 マイクロソフトがBingCOVID-19トラッカーを発表 COVID-19 Isn COVID-19はインターネットをクラッシュさせていません...まだ COVID-19患者の画像を保存するのに役立つ3Dプリントバルブのボランティア COVID-19患者の救済に役立つ3Dプリントバルブのボランティア

この記事の執筆時点(チャートのデータが編集されてから2日後の3月25日)では、Microsoftの時価総額は1.13兆ドルで、Appleは1.1兆ドルに戻っています。 Alphabetは7,587億ドルで、Amazonは約9,527億ドルを安定して保持しています。そして、これを読むまでに、これらすべてが完全に変わっている可能性があります。

市場のむち打ち状態は、世界が通常のように戻るまで、これらの株や他のすべての株に大混乱をもたらし続けるでしょう。そして、一部の企業が回復するのにどれくらいの時間がかかるか誰が知っていますか?これらの4つは、危機が発生する前と同じように過大評価されていたのは幸運でした。

推奨されます