トヨタが木で作られた電気のコンセプトカーを披露

日本の自動車メーカートヨタは 発展した 完全に木で作られた新しい電気コンセプトカー。



Nextcarバグアー​​トセツナ、または日本語で瞬間として知られている車両は、来月イタリアのミラノで開催されるデザインウィークに展示されます。スギ製の外装パネルとシラカンバ製のフレームを備えたロードスターです。

「また、個々の部品のサイズと配置にも特に注意を払いました」とトヨタは言いました。 「組立構造には、日本の伝統的な建具技術を採用しました。okuriari,釘やネジを使用していません。」その結果、セツナは湾曲したボートのような外観になります。





なぜ木?耐久性はありますが、時間の経過とともに変化する傾向があるため、人と車の関係の発展を形にするためのトヨタの取り組みを反映しています。

「セツナは、何世代にもわたる家族の願望、記憶、感情を吸収するかのように、車が何年にもわたって徐々に変化していく様子を象徴しています」とトヨタは説明しました。 「セツナのコンセプトで、トヨタは家族が自分の車と一緒に時間と経験を積み、愛情を込めて世話をし、次の世代に引き継ぐことで、その車だけが新しいタイプの価値を獲得するという考えを表現しています。その家族のメンバーは感謝することができます。



かなり古風な資料にもかかわらず、セツナにはいくつかの重要な技術的詳細が付属しています。一つには、車は電気であり、6つの12ボルトのバッテリーで動作します。 フォーブス 。そして、それはストリートリーガルではありませんが、28mphの最高速度に達する可能性があります。

将来を見据えて、トヨタはフォーブスに、セツナは人々に新しい車のコンセプトについて考えさせるためだけに設計されていると語った。セツナを道路に持ち込む予定はありませんが、車両の一部の要素が将来の車に組み込まれる可能性があります。

推奨されます