米国対日本のロボットの戦いが始まっています(しかし、米国は最初にいくらかの現金が必要です)

ロボットの戦いの準備はできましたか?確かにそうですが、それはいくらかの現金なしでは起こりません。



今年の夏の初め、米国を拠点とするMegaBots、Inc。 挑戦 日本の水道橋重工業とロボットの決闘、そして Suidobashi accepted —注意点が1つあります。それは近接戦闘であるということです。 「何か巨大なものを作り、それに銃を突き刺すだけですか?それは...スーパーアメリカンだ」と水道橋のCEO兼創設者の倉田小賀郎は彼の応答ビデオで装備した。 「私はそれらを殴り、スクラップし、そしてそれをするためにそれらをノックダウンしたい。」

ソニーsrs-xb22レビュー

MegaBotsは挑戦に挑んでいますが、そのMk.IIロボットは、1年後に水道橋のKURATASマシンに対抗する前に、いくつかのアップグレードが必要です。一つには、それは現在ペイントボールを発射し、時速2.5マイルで最高に達します。そのため、MegaBotsは$ 500,000を調達するためにKickstarterに目を向けています。プレス時の時点で、キャンペーンは残り29日で調達された$ 200,000に恥ずかしがり屋でした。





MegaBots Mk.II 「Mk.IIは多くの火力を備えていますが、現在、彼女は遅く、トップヘビーで、さびで、近接戦闘に対応していません」と、MegaBotsはKickstarterビデオ(下記)で述べています。 「アップグレードされたMk.IIは、アメリカのロボットの定義になります。5倍速く、より強力で、自己バランスが取れており、白兵戦用に装甲されています。」

500,000ドルで、MegaBotsは次のことができるようになります。頑丈な装甲板と「深刻な」火力を追加する。そのより重い装甲と火力を処理するためにその油圧をアップグレードします。最高速度を上げます。パワーユニットをアップグレードして、新しい油圧システムと速度に対応します。



ハウとハウテクノロジーズ また、「現在の5倍の速度でカスタムトラックベースの交換を構築します。これにより、最終的にはKURATASの2倍の速度になります」とMegaBotsは述べています。

ソフトウェアの面では、オートデスクは「この課題を通じて、設計ソフトウェアとハ​​イエンドの製造装置へのアクセスで私たちをサポートします」。

完全なオーバーホールには150万ドルの費用がかかるため、Kickstarterの支援者が寄付を希望する場合は、もちろんMegaBotsがより多くの資金を受け入れることになります。

「750,000ドルを調達することで、クラタスを打ち負かすのに最適なロードアウトを見つけるのに役立つ、一連の近接武器および遠隔武器システムのオプションを設計および構築できるようになります」とMegaBotsは述べています。 「1,000,000ドルを調達することで、DARPA Humanoid RoboticsChallengeで米国のトップチームであるIHMCRoboticsと協力して、Mk.IIのカスタムハイエンドバランス制御システムを開発し、何が起こっても直立状態を維持できるようになります。 。」

「$ 1,250,000を調達することで、NASA(極限環境で人間を安全に保つ分野のリーダー)と協力して、NASAの生命安全システムがMk.IIのコックピットでどのように使用されるかを確認できます」と彼らは続けました。 「$ 1,500,000を調達することで、FonCo Creative Servicesと協力して、ロボットの鎧パネルにハリウッド級の芸術的なルックアンドフィールを作成することができます。」

一方、アドバイザーを務めるのは 怪しい伝説 ホストのグラント・イマハラ、 Xプライズの創設者ピーター・ディアマンディス 、 と バトルボット 創設者のTreyRoskiとGregMunson。

寄付の報酬には、MegaBots Webサイトでの言及($ 5)、ステッカー($ 10)、ベータ版へのアクセスが含まれます。 Robocraftゲーム Mk.II($ 15)、ポスター($ 25)、Tシャツ($ 50)、ミニMk.11($ 150)、MegaBots HQのツアー($ 250)などをフィーチャー。

デルインスピロン135368レビュー
推奨されます