WesternDigitalのBlueM.2SSDが大幅に高速化

Western Digitalは今週、自慢のWD Blue SN500 NVMe SSDを導入することにより、ソリッドステートドライブのBlueラインのパフォーマンスを大幅に向上させました。 3倍のパフォーマンス 既存のWDBlue 3D NANDSATAドライブの

NS WD Blue 3DSSD M.2 2280フォームファクターを使用しますが、SATAインターフェイスに依存しているため、パフォーマンスは560MB /秒の読み取り速度と530MB /秒の書き込み速度に制限されます。 NS ブルーSN500 NVMeインターフェース、新しいコントローラー、新しいファームウェア、WesternDigital独自の3DNANDメモリに移行することでこれを変更します。また、M.2 2280フォームファクタを保持しますが、PCIeインターフェイスを最大限に活用できます。



最終結果は、250GBと500GBの容量を提供する2つの新しいSSDです。どちらのドライブも1,700MB / sのシーケンシャル読み取りを実現できますが、250GBモデルは1,300MB / sのシーケンシャル書き込みを管理し、500GBモデルはそれを最大1,450MB / sにプッシュします。どちらもWesternDigitalのBlackSN750ラインには十分に及ばないものの、SSDには大きなプレミアムを支払うことになります。

Western Digitalは、利用可能な容量、現在の動作温度、SMART属性など、これらのドライブの状態を監視するために実行できるダウンロード可能なSSDダッシュボードを提供しています。ダッシュボードからファームウェアを更新し、必要に応じてドライブを安全に消去することもできます。

編集者からの推薦

SSDとHDD:何 SSDとHDD:違いは何ですか? SanDisk 1TB MicroSD1TBのストレージを搭載したMicroSDカードがこの春に登場 シーゲイトの新しいストレージ製品には、世界初のNASSSDが含まれています

価格に関しては、 250GBモデル 54.99ドルで販売される予定ですが 500GBモデル $ 77.99です。小売業者は確かにそれらの価格をさらに割引しますが、それらはすでにかなり手頃な価格です。どちらも5年間の限定保証と、175万時間の平均故障間隔(MTTF)の評価があります。 250GBモデルの耐久性は150テラバイト書き込み(TBW)と評価されていますが、500GBモデルは300TBWの2倍です。

推奨されます